日経平均反落、終値は2万8708円 前日比546円安・5日ぶり節目割れ

【神戸経済ニュース】21日の東京株式市場では日経平均株価が3日ぶりに反落した。終値は前日比546円97銭安(-1.87%)の2万8708円58銭だった。5営業日ぶりに2万9000円の節目を下回った。東証株価指数(TOPIX)も反落した。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告