中突堤中央ビル、「南館・北館一体で再開発」の声 民営化に向け対話型市場調査

20190924神戸ポートタワーとビル

 神戸市は9日、神戸港のシンボル的な建造物である神戸ポートタワーと、隣接する中突堤中央ビル南館(神戸市中央区、写真=資料)について、民営化などに向けて民間企業から活性化に向けたアイデアを募集する「サウンディング(対話)型市場調査」の結果を発表した。不動産会社や建設関連の会社など9グループが提案に参加した。対象にちた建造物のうち中突堤中央ビルは南館について意見を募集したが、南館単独では規模が小さく「再整備は南館・北館の一体的な開発が望ましい」との声が複数あったという。

 中突堤中央ビルには体験型施設や宿泊施設、商業施設、スポーツ関連施設などの提案があった。ポートタワーには観光案内施設、飲食施設、展望施設のイベント活用などの提案があったという。このほか横浜市中区で建設されるのを引き合いに、神戸の街並みを楽しみながら移動できる都市型ロープウェーの建設する提案もあったという。

 昨年10月16日に説明会・現地見学会を実施し、同11月20〜22日に事業者らとの対話を実施した。神戸市は今回参加した事業者らとの追加対話も計画しており、すべての調査を終えた後に改めて調査結果を公表する予定。今後の中突堤の施設再整備に向けた資料にする考えだ。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告