FC2ブログ

スープの香り高い神戸「南京町」監修のワンタンメン エースコック

20190115南京町監修ワンタンメン

 エースコック(大阪府吹田市)は、香味野菜の豊かな風味と、中国料理などで使う混合スパイス「ウーシャン」で、香り高いしょうゆスープのカップめん「ワンタンメンどんぶり 南京町監修 香味中華そば」を28日に発売する。南京町を訪れたかのような旅情にひたれる一杯をめざした。

 ワンタンメンは1963年に発売したエースコックで最も歴史があるロングセラー。開設から150年の歴史があり、現在では神戸でも有数の人気観光地である中華街「南京町」の南京町商店街振興組合(神戸市中央区)とのコラボレーション(共同開発)で、新たに歴史を取り込む。通常のワンタンメンはカツオをベースにしたスープだが、今回はポークがベースのしょうゆスープ。香りの高さで南京町らしさを演出した。

 パッケージには竜や南京町広場の「あづまや」などのイラストを描き、南京町の気分を華やかに盛り上げる。内容量は73グラムで、このうちめんは60グラム。かやくはワンタンのほか、鶏・豚味付き肉そぼろ、ねぎ、玉ねぎ。全国のスーパーやコンビニなどで販売する。希望小売価格は税別180円とした。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告