神戸アンパンマンこどもミュージアム、入館者400万人に到達 記念セレモニー開催

20190110入館者数400万人記念

 神戸市中央区のハーバーランドにある「神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール」は10日午前、2013年4月19日以来の入館者数が400万人に到達した。記念してセレモニーを開催。ちょうど400万人目になった、愛媛県の親子4人には記念品として、4人分の年間パスポート、アンパンマンのぬいぐるみ、キャラクターパンの詰め合わせなどをアンパンマンが手渡した。(写真=神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール提供)。

 開館から約5年9カ月で400万人に到達した。300万人を記録してからだと1年152日になる。200万人から300万人に到達するまでの100万人は1年と182日かかっており、1カ月短縮した計算だ。アンパンマンの根強い人気にくわえ、昨年3月には別館「バイキンひみつ基地」がオープン。開館以来初めての大型リニューアルを実施したことでリピーター(再来訪者)を開拓でき、足元で入館者数が伸びているという。

 同施設では3月2日から6月2日まで、アンパンマンに登場する蒸気機関車をモチーフにした人気キャラクター「SLマン」をかたどった、ロードトレインを運転する。客車には大人も乗車でき、親子でアンパンマンの世界を楽しめる。イベントなども活用し、さらなる集客をねらう。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告