モロゾフ、千葉・船橋の工場新築に38億円 既存工場の隣接地に建設

20240327モロゾフ新船橋工場

【神戸経済ニュース】洋菓子大手のモロゾフ(2217)は、千葉県船橋市にある船橋工場の隣接地に新工場建設で自己資金38億円を投入すると発表した。既存工場に隣接している商品倉庫を解体し、跡地に新工場棟(完成予想図=モロゾフ提供)を建設。生産を止めずに既存工場と置き換える。

 すでに足元ではフル稼働状態で、今後も拡大する見通しの焼き菓子のラインを強化する。工場建屋の建設に38億円を見込むほか、製造ラインを移設したり、新増設することで、総投資額は60億円程度になると見込む。船橋工場での新工場棟の着工は1月に修正を発表した中期経営計画にも盛り込んでいた。

 新工場建設に伴って、これまで自社で保有していた商品倉庫は、物流会社と契約して外部化する。賃借倉庫による新関東物流センターが稼働。価格が上昇している物流を効率化する。

 新工場の建屋は鉄骨4階建て。建築面積2406平方メートル、延べ床面積7655平方メートル。2025年3月に着工し、26年3月〜8月に、組み上げたラインから順次稼働する予定としている。新工場建設に伴う25年1月期の連結業績への影響は軽微としている。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告