巨大ガチャで10・11月の小売店振興「そろえて神戸」を事前PR 神戸市

20220923まわして神戸

【神戸経済ニュース】神戸市は23日、神戸市中央区の京町筋で開催した「Autumn Festival in KOBE」(主催・Autumn Festival in KOBE実行委員会)に、1回500円の巨大ガチャ(写真)で神戸ゆかりの商品が当たる「まわして神戸」を出展した。同市が10月1日〜11月30日に、ビンゴゲームの要素を取り入れたデジタルスタンプラリーでの小売店振興「そろえて神戸」を事前にPRするイベントだ。高さ2.4メートルの大きなガチャが目を引き、1000枚を用意したガチャを引くための整理券は早々に配布を終了した。

 これまでも17日にイオンモール神戸北(神戸市北区)、18日は御影クラッセ(神戸市東灘区)に設置して、10月からの「そろえて神戸」をアピール。24日にマリンピア神戸(神戸市垂水区)で午前10時から、巨大ガチャを使った最後の事前告知イベントを予定する。午前10時から、やはり先着1000人の対応を予定している。

 「そろえて神戸」は対象の店舗を訪れて500円以上の買い物やサービスを利用すると、9マス(3マス×3マス)の正方形のうち1マスが開く。ビンゴ1列ごとに1口、神戸の地場産品など総額1000万円の景品が当たる抽選に応募できる。2カ月の期間中に9マスすべてを開けられれば8口応募でき、それだけ当選確率が上がる計算だ。「まわして神戸」の参加者には、すでに1マスを開けられる特典を付与した。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告