味の素が3日続伸 金メダル阿部一二三・詩両選手とサポート契約

20191231神戸株ワッペン

終値 2881円00銭 +30円00銭(+1.05%)

 連休明け26日の東京株式市場では味の素(2802)が3日続伸した。取引開始直後には前営業日比45円50銭高の2896円50銭まで買い進まれる場面があった。味の素は、男子柔道66キロ級で金メダルを獲得した阿部一二三選手(パーク24)と、女子52キロ級で金メダルを獲得した阿部詩選手(日体大)の両選手とサポート契約を結んでいる。同社は日経平均株価の採用銘柄で、相場全体の上昇に乗った面もあるが、両選手の金メダルも支えになったといえそう。

 味の素は2003年から、「アミノ酸」のはたらきを活用して適切な栄養摂取を提案。選手の体調の調整を支援する活動を展開している。阿部一二三選手と阿部詩選手のほか、卓球女子の伊藤美誠選手(スターツ)やバドミントン女子の奥原希望選手(太陽ホールディングス)の栄養摂取も支援する。

 阿部一二三選手が所属するパーク24(4666)も続伸した。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告