FC2ブログ

川重、ボーイング777機向け貨物扉を米工場で出荷開始 初出荷で記念式典

20180918川重米航空機部品出荷式

 川崎重工業は米中部時間17日(日本時間18日)、米ネブラスカ州リンカーンの同社工場で米ボーイングの旅客機向け貨物扉の出荷を開始したと発表した。同社が米国で航空機部品を出荷するのは初めて。2017年5月に航空機部品の製造拠点として、リンカーン工場内にボーイング777Xと777用の貨物扉製造ラインを建造。17日に初出荷までこぎ着けた。

 今回完成した貨物扉はボーイング777向け。縦2.6メートル、横3メートルのアルミ合金製だ。川重はこれまで同部品を国内の協力会社で生産してボーイングに出荷していたが、米国に生産体制が整うことで、ボーイングの生産計画や需要動向に柔軟に対応しやすくなる。リンカーン工場では引き続き777X向け貨物扉の製造も進め、19年2月にも出荷を開始する予定だ。

 初出荷を記念して、同工場では17日に出荷式を開催(写真=川重提供)。ボーイングの関係者やネブラスカ州のリケッツ知事など、約80人が出席した。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告