住友ゴムが反落、約6%下落 今期純利益が微減の見通しに失望感

20240122神戸株アイコンA

終値 1665円50銭 -106.0(-5.98%)

【神戸経済ニュース】14日の東京株式市場ではタイヤ大手の住友ゴム工業(5110)が反落。後場に入って下げ幅を拡大し、大引け間際には前日比108円安の1663円50銭まで下落した。後場の取引時間中に2023年12月期決算を発表。同時に示した業績予想は、連結純利益(国際会計基準)が前期比微減の370億円になる見通しとした。市場予想の平均(390億円前後)を下回ったうえ、小幅でも減益の会社予想に失望感から売りが膨らんだ。

 売上収益、利益ともほぼ前期並みを見込む。オールシーズンタイヤなど高機能タイヤの比率が拡大して採算は改善するが、米国での生産能力を拡充する設備投資などで営業費用が増加する。海外での人件費高騰によるコスト増の影響も重しになり、原材料高の一服や海上運賃の下落では補いきれない見通しという。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告