ミシュラン・グリーンガイド兵庫版、神戸市内11カ所を新規収録 竹中大工道具館「★★」

 世界タイヤ大手・仏ミシュランの日本法人である日本ミシュランタイヤ(東京都新宿区)は16日に「ミシュラン・グリーンガイド兵庫web版」を公開した。ミシュラン・グリーンガイドは欧米圏で最も使われている海外旅行ガイドの1つ。兵庫県版では、県内の観光地を英語とフランス語で紹介する。既に書籍として販売している内容に加え、兵庫県内では23カ所、このうち神戸市内では11カ所=表=を今回、新たに掲載した。

20161218ミシュラングリーンガイド

 最高位の評価「わざわざ旅行する価値がある」を示す「★★★」である姫路城(姫路市)や、「寄り道する価値がある」(★★)という城崎温泉(豊岡市)など既刊の書籍に掲載された観光地と合わせ、掲載した施設や観光地の数は59カ所になった。神戸市内には「★★★」と評価した施設はなく、従来は神戸市立博物館(中央区)のみ「★★」としていた。今回、摩耶山掬星台天文台(灘区)、明石海峡大橋・舞子海上プロムナード(灘区)、竹中大工道具館(中央区)の3施設を「★★」に加えた。

 兵庫県は神戸市、姫路市、西宮市、豊岡市、篠山市、淡路市と「兵庫の魅力海外情報発信協議会」を設立。日本ミシュランタイヤと連携して、ホテル・レストランガイドの「ミシュランガイド」と旅行ガイドの「ミシュラン・グリーンガイド」を海外向け情報発信に活用している。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報