ヴィッセル神戸、名門バルセロナとノエスタ神戸で対戦 7月27日に

20180525ノエスタ神戸


 楽天は18日、サッカーの大会「Rakuten Cup」(楽天カップ)を日本で開催すると発表した。参加するのはスペインの名門「バルセロナ」と、英プレミアリーグの「チェルシー」、さらにJ1のヴィッセル神戸の3チームで、2試合を開催。このうち1試合は、7月27日にノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区、写真=資料)で、バルセロナとヴィッセル神戸が対戦する。

 バルセロナは、現在ヴィッセル神戸に所属し、世界的に人気のアンドレス・イニエスタ選手らの古巣。もう1試合は7月23日に埼玉スタジアム2002(さいたま市緑区)で、バルセロナとチェルシーが対戦。世界的に著名な2つのクラブチームの日本での初対戦になる。楽天の三木谷浩史会長兼社長が18日午後に東京都内で記者会見して発表した。

 観戦チケットは19日から抽選先行販売を開始する予定。チケット販売ついてはチケット販売サイト「楽天チケット」の「Rakuten Cup専用サイト」に掲載する予定だ。このほか、近くRakuten Cupの公式サイトを公開し、放送予定などの関連情報も順次掲載する。

 ノエスタ神戸では9月に開くラグビー・ワールドカップ日本大会のうち予選の4試合を開催する予定。世界的に著名なチームが対戦する場として使われる機会が増えた形だ。楽天はヴィッセル神戸の運営会社の親会社で、三木谷氏は運営会社の会長も務める。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告