神戸旅客船協会、フェリーなど航路のストリートビュー公開 景色で船旅誘う

20190421りつりん2

 神戸旅客船協会は、米IT大手グーグルが提供する「ストリートビュー」向けに画像を撮影し、このほどグーグルを通じて公開した。国土交通省の神戸運輸監理部が協力し、同監理部の管内にある6社6航路の旅客船からの眺望が、グーグルの地図サービスから閲覧できる。瀬戸内の景色を多くの人と共有することで、フェリーなどを使った船旅にいざなう。国内では中国地方の一部航路に続き2カ所目になる。(写真は景色の画像を掲載したジャンボフェリーの「りつりん2」=神戸運輸監理部提供)

 ストリートビューの撮影を希望する観光協会や非営利団体、研究機関などにグーグルがストリートビュー用の撮影機材「トレッカー」を無償で貸し出す企画「ストリートビュー・トレッカーパートナー・プログラム」を活用した。「これをきっかけに明石海峡大橋の下を通るときのダイナミックな構図や、小豆島はじめ美しい瀬戸内の島々の風景を、実際の目で楽しんでほしい」(神戸旅客船協会)という。2018年12月15〜24日に撮影した。

 神戸旅客船協会では、春の新緑や秋の紅葉などを写した画像も掲載したいと考えているほか、一部の航路では撮影時に雨が降ったこともあり、できれば画像を順次更新したい意向。ただ、次に撮影機材を借りられるのがいつになるか分からず、当面は現在の画像を掲載し続けることになるとみている。

 ストリートビューで公開したのは6航路は、神戸・坂手・高松航路(ジャンボフェリー)、神戸空港・関西空港航路(OMこうべ)、土庄・沼島航路(沼島汽船)、明石・岩屋航路(淡路ジェノバライン)、姫路・男鹿・坊勢航路(坊勢汽船)、姫路・宮・真浦航路(高速いえしま)。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告