兵庫県、高校生の「eスポーツ県大会」を来年2月に NTT西と共同で主催

【神戸経済ニュース】兵庫県は26日、県内の高校生を対象にしたコンピューターゲーム「eスポーツ」の大会を2024年2月12日に開くと発表した。NTT西日本兵庫支店と共同で主催。高校生5人で1チームとし、米ライアット社が制作したゲーム「ヴァロラント」で兵庫県の高校生トップを決める。1月にネットを通じて予選を実施し、学校の部活動で活動している3チームと、学校や部活動を超えて自由に編成した1チームの合計4チームが決勝トーナメントに進出。決勝は上新電機(8173)が神戸市中央区に開設したeスポーツの専用会場を使用する。

 兵庫県によると、自治体が主催して高校生のeスポーツ大会を開催するのは、近畿地方で初めてという。兵庫県はeスポーツが持つ経済効果や、誰もが楽しめるゲームであることから県内での普及を進めている。部活動としてeスポーツを手がける学校も増えており、高校生の新たな活動目標を設定するのと同時に、eスポーツのすそ野拡大にもつなげたい考えだ。採用した「ヴァロラント」は敵を撃つことがメーンのシューティングゲーム。ただ高校生向けとあって、激しく血が流れるシーンなどは表示しないという。

 事前イベントとして1月11日に「キックオフイベント」を開催。大会に参加する高校生らが意気込みを表明する。このほか大会参加を検討している高校生や部活動の顧問を対象とした「体験会」を1月6〜14日の土日祝に開催。会場はNTT西日本がNTT神戸中央ビル(神戸市中央区)に開設したeスポーツの専用会場を使用して、「ヴァロラント」を体験する機会を提供する。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告