田村三田市長が久元神戸市長を訪問 三田と神戸の病院統合、4カ月中断で謝罪

20231221神戸三田両市長

【神戸経済ニュース】三田市の田村克也市長(写真左)は20日に神戸市役所を訪れ、神戸市の久元喜造市長(同右)と会談した。両市長は中断していた三田市民病院(三田市)と済生会兵庫県病院(神戸市北区)の再編統合事業を再開する方向で一致した。田村市長は、病院統合の撤回を公約の1つに掲げて7月の三田市長選に初当選。その後、統合撤回を断念した経緯があった。会談は冒頭を除いて非公開で実施したが、神戸市によると田村市長から新病院の整備事業が4カ月にわたり中断したことについて謝罪があったという。

 公開した会談の冒頭で田村市長は、久元市長に対して「本日は遅れましたが就任のごあいさつと、三田市民病院と済生会兵庫県病院の再編統合の再開につきましてのご協力のお願いにまいりました」とあいさつした。一方、久元氏は両病院の統合について「長く協議を重ねて方向性を重ねて方向性を見出したところですので、きょうは田村市長の考えも聞かせていただきたい」と応じた。

 会談では田村氏の協議再開の求めについて、久元氏は統合に向けた基本協定通りの内容で進めてよいか関係者に確認したうえで事業を再開する方針を提示したという。今後のスケジュールについては、関係機関が事業再開について確認できた後、改めて協議して決めるという。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告