三ツ星ベルト、人事・報酬諮問委員会を設置 過半数を社外取締役

 三ツ星ベルトは5日、任意で設置する取締役会の諮問機関として「人事・報酬諮問委員会」を同日付で設置したと発表した。同日開催した取締役会で設置を決議した。経営陣の選任、解任や取締役候補者の指名、経営陣の報酬などについて、取締役会の求めに応じて答申する。取締役会の説明責任を強化することなどがねらい。

 取締役の中から委員3人以上を選び、取締役会で決議して就任する。委員の過半数は独立社外取締役にする。人事・報酬諮問委員会は委員の中から、委員会で決議して決める。同委員会の委員に就任した役員の氏名は明らかにしていない。


関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告