川重が3日続伸、5カ月半ぶりに昨年来高値を更新 今期予想の上方修正期待か

20240122神戸株アイコンA

終値 4246円 +128円(+3.11%)

【神戸経済ニュース】27日の東京株式市場では川崎重工業(7012)が3日続伸。一時は前日比182円高の4300円まで上昇し、昨年9月7日以来およそ5カ月半ぶりに昨年来高値を更新した。足元の航空関連事業で収益が回復しており、来期への期待感から買いが継続。さらに円安を受けて今期の業績予想に対する上方修正期待も出やすいようだ。

 9日に2023年4〜12月期決算(国際会計基準)を発表して以来、同日も含めた11営業日のうち前日比で下落したのは2日にとどまった。ほぼ同じ時期に円相場が1ドル=150円台の円安水準で定着してきた。23年4〜12月期の発表時は24年3月期の事業利益予想のみ上方修正したこともあり、純利益の上方修正に期待が高まりやすいという。


関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告