旧北野小学校「北野工房のまち」28日に閉館 「ご愛顧感謝セール」を開催中

【神戸経済ニュース】神戸市による旧北野小学校跡(神戸市中央区)の活用事業を受託し、サウンドプラン(大阪市北区)が運営してきた「北野工房のまち」が28日で閉館する。神戸市とサウンドプランとの契約が今月末に終了するため。1998年7月にオープンして以来、「神戸グルメ」「手作り体験」を中心として観光客など約2000万人の来場者を集めた。観光客が立ち寄る定番施設の1つでもあったが、事業者の交代とリニューアルのため幕を下ろす。

 最終営業日である28日まで「ご愛顧感謝セール」を開催中だ。各店舗では在庫一掃などを目的に値引き販売を実施しているほか、最後の機会になることを記念した手作り体験なども実施する。「神戸南京町・皇蘭」ではオリジナル豚まん作り(3個)を「感謝セール」限定でピンク、茶色、黄色の生地で作ることができる。要予約(電話のみ 078-221-1569)。「Ju-c-100%」では「食品サンプルパルフェ作り体験」(要予約・基本料金1650円)を2人以上で申し込むと、好みのトッピングパーツを1つ無料で追加できる。

 このほか灘五郷酒造組合のアンテナショップである「灘の酒蔵通り」では、税込み2000円以上の商品購入で「灘五郷オリジナルグッズ」を配布する。全国で唯一とされるマッチ専門店「マッチ棒」では、神戸港と風見鶏の復刻ラベル2個セット「神戸観光記念マッチセット」を通常440円(税込み)を330円(同)に値下げする。各店舗の営業も28日まで。「神戸佃煮・大黒屋」は27日まで。

 24年1月からは輸入車販売や飲食店などを展開するジーライオン(神戸市中央区)が活用事業社として、施設全体の衣替えに着手する。同社の提案では1階に地元食材を使ったオリジナルスイーツの販売店や、同社グループでも展開する神戸紅茶の歴史を学べる展示と喫茶室などを配置。2階には地元食材である肉、野菜、酒を使ったレストランを開設する。旧講堂の3階はイベント会場として貸室とし、地域活動などにも利用できるようにする見通し。24年秋ごろオープンの見通し。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告