日経平均、過去最高値を一時上回る 上げ幅600円超の大幅高に

20240119MKTワッペン

【神戸経済ニュース】22日午前の東京株式市場では日経平均株価が反発した。日経平均の前引けは前日比651円68銭高(+1.70%)の3万8913円84銭と大幅高になった。前場中ごろすぎに一時3万8924円まで上昇し、1989年12月に記録した過去最高値の3万8915円を上回った。

 米半導体大手エヌビディアが21日の米株式市場の終了後に、2023年11月〜24年1月期決算を発表。純利益が前年同期比8.7倍の122億8500万ドル(約1兆8400億円)と過去最高を更新し、市場予想を上回る好業績だった。22日の同社株の大幅高を期待して、東京市場でも日経平均に寄与度が大きいハイテク株を中心に買いが優勢になった。


関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告