トーカロの4〜12月期、純利益3%増 インドネシア子会社設立も発表

 表面加工のトーカロが31日に発表した2016年4〜12月期の連結決算は、純利益が前年同期比3%増の28億円だった。固定資産の除却損など特別損失が前年同期に比べて少なくなったほか、税金費用の減少などが寄与した。 売上高は1%減の214億円、営業利益は1%増の41億円だった。前年同期に半導体・液晶分野で新規開発皮膜の大口需要があった反動で減収になった。だが期初時点での予想より減収幅が小さかったうえ、コスト削減など...

続きを読む

神姫バス、屋根なし「スカイバス神戸」を投入 神戸を70分で1周

 神姫バスは31日、神戸市内の観光地を70分で1周する定期観光バスのコースに、屋根がない2階建てバス(写真=神姫バスの発表資料より)を投入すると発表した。屋根がないバスならではの、ダイナミックな風景が楽しめる。「スカイバス神戸」と名付け、3月19日から営業運転を始める。前日には試乗会を開催する。  東京や京都で同じ車種の定期観光バスが人気とあって、神姫バスも神戸市内での導入を決めた。開放的な景観に加え、...

続きを読む

11月の兵庫県一致指数、2カ月ぶり改善 基調判断「悪化」据え置き

 兵庫県が31日に発表した11月の景気動向指数(兵庫CI、2010年=100)速報値は、景気の現状を示す一致指数が前月比0.1ポイント上昇の105.8と、2カ月ぶりに改善した。一致指数の動きのみから判断する景気の基調判断は「悪化を示している」との見方を据え置いた。 数カ月先の景気を示す先行指数は前月比8.6ポイント上昇の102.4と2カ月ぶりに改善した。 内閣府は23日に11月の全国の景気動向指数(CI、2010年=100)改定値を発...

続きを読む

「キットカットショコラトリー」で東京・銀座に初の路面店 記念品にすし型チョコ

 ネスレ日本は2月2日に、著名な洋菓子職人の高木康政氏が監修する専門店「キットカットショコラトリー」で初めての路面店を東京・銀座に開店すると発表した。国内でも有数の高級感がある商業地に出店することで、さらに高級感があるサービスを展開できるようにする。オープン当初は銀座にちなんで握り寿司をかたどったキットカットの記念品(写真=ネスレの発表資料より)も用意する。 これまでキットカットショコラトリーは百...

続きを読む

川重の今期、純利益54%減に上方修正 円相場の下落を織り込み

 川崎重工業は31日、2017年3月期の連結純利益が前期比54%減の210億円になる見通しだと発表した。従来予想の165億円から減益幅が縮小する見通し。海外向けのプラントで工事が進んだほか、業績予想の前提になる為替レートを円安方向に見直し、海外収益の円換算値が膨らむ見込みになったのを織り込む。17年3月期末に2円の配当を実施し、年6円配とする予定は据え置いた。 売上高は1%減の1兆5200億円、営業利益は58%減の400...

続きを読む

トーホー社長に子会社社長の古賀氏 上野社長は会長に

 トーホーは30日、子会社のトーホー北関東で社長を務める古賀裕之氏(59)が社長に就く人事を内定したと発表した。4月18日に開く株主総会を経て就任する。上野裕一社長(67)は代表権のある会長になる予定。1947年の創業から70周年を迎えるのを機に世代交代し、体制を刷新するのがねらいとしている。 古賀裕之(こが・ひろゆき) 福岡県立粕屋高校卒。1976年入社。2008年、執行役員ディストリビューター事業部四国地区担当兼中...

続きを読む

日和産業、単元株数を100株に変更 3月1日から

 日和産業は30日、株式の売買単位である単元株数を現在の1000株から100株に変更すると発表した。3月1日に変更する。全国の証券取引所が普通株式の売買単位を100株に統一を進めていることに対応し、単元株数を引き下げる。...

続きを読む

神戸製鋼、日新製鋼の建材用鋼材「ZAM」を販売 4月から

 神戸製鋼は30日、日新製鋼が製造している建材用鋼材「ZAM」を販売する方向で同社と協議していると発表した。同鋼材は溶融亜鉛・アルミニウム・マグネシウム合金めっき鋼板で、さびにくく加工しやすい特徴がある。建材用めっき鋼板の品ぞろえを拡充するのがねらい。神戸製鋼による4月からの販売開始を前提に、日新製鋼が製品をOEM(相手先ブランドでの生産)供給する契約などを結んだ。 日新製鋼は2年間、神戸製鋼に製品...

続きを読む

石原ケミカルの今期、純利益5億4000万円に上方修正 有機EL向け部材など伸び

 石原ケミカルは30日、2017年3月期の連結純利益が5億4000万円と、前期単独比で微減になりそうだと発表した。従来予想の4億4000万円から上方修正し、一転の増益見通しになる。足元では有機ELパネルのエンジニアリングプラスチック製品などが伸びた。同社は今期から連結決算に移行した。 売上高は微減の145億円、営業利益は7%減の6億5000万円になる見通し。従来予想は146億円、5億9000万円だった。電子部品向けめっき益は...

続きを読む

フジッコの4〜12月期、純利益1%減 前年同期に特別益の反動で

 フジッコが30日に発表した2017年4〜12月期の連結決算は、純利益が前年同期比1%減の32億円だった。前年同期に投資有価証券売却益3億5600万円を計上したが今回はなくなり、反動減で最終利益が前年同期を下回った。 売上高は3%増の468億円、営業利益は9%増の45億円だった。2015年11月から16年2月まで「カスピ海ヨーグルト」を販売制限した反動でヨーグルト製品が大きく伸びたという。惣菜製品、豆製品、デザート製品も前...

続きを読む

G7HDの4〜12月期、純利益11%増 積極出店で増収

 G-7ホールディングスが30日に発表した2016年4〜12月期の連結決算は、純利益が前年同期比11%増の18億円だった。業種スーパーを中心に積極出店で増収したのが寄与したようだ。10〜12月の3カ月間でも業務スーパー上池袋店(東京都豊島区)などを出店した。 売上高は7%増の832億円、営業利益は30%増の18億円だった。G-7モールフェスティバルの開催などで販促費用も増やしたが、効果増収で補った。売上高営業利益率は4.0...

続きを読む

今週の予定(1月30日〜2月5日)神戸製鋼・シスメックスなど4〜12月期決算など

▽1月30日(月)・第4回「ポケモンGO」などスマホの進化が地域社会・地域経済に与える影響に関する有識者会議(10:00)・井戸兵庫知事が定例記者会見(15:00)・4〜12月期決算=GセブンHD、フジッコ、石原ケミ・株主総会=TASAKI▽1月31日(火)・2016年11月の兵庫県景気動向指数・4〜12月期決算=アバンライフ、トーカロ、トリドール、神栄、神電鉄、川重▽2月1日(水)・有馬ユニバーサルの日・4〜12月期決算=アサヒ...

続きを読む

東京で神戸別品博覧会、トークショーにぎわう ファミリア岡崎社長ら登場

 伊勢丹新宿本店(東京都新宿区)で31日まで開催している「神戸別品博覧会」では、同博覧会に関係したクリエーターを招いたトークショーを28日に開催した。ホスト役を務めたファミリア(神戸市中央区)の岡崎忠彦社長(写真中)は、同博覧会を開催するまでの経緯などを話し、神戸市内にとどまらず幅広い企業の物づくりの活性化に意欲を見せた。 20席程度を設けた観客席は満席になり、立ち見客も相次ぐなどにぎわった。立ち見席に...

続きを読む

「三宮オーパ2」が2月24日オープン ダイエー神戸三宮店の活性化一巡へ

 イオン傘下でショッピングセンターを運営するイオンモールは2月24日に、商業施設「三宮オーパ2」(イメージ図=イオンモールの発表資料より)をオープンすると発表した。ダイエー神戸三宮店(神戸市中央区)の2階から9階に入居する。7階のジュンク堂書店と6階のIBS石井スポーツは引き続き営業するが、新たにオープンする約50店舗の専門店には近畿地区で初出店の店舗や、新業態として初登場する店舗なども多く軒を連ねる...

続きを読む

ワールド、不二家ペコちゃんデザインのバッグやポーチ 「index」ブランドで販売

 ワールドは20〜30代女性向けのブランド「index(インデックス)」で、洋菓子メーカー不二家(東京都文京区)のキャラクター「ペコちゃん」をデザインしたバッグやポーチなど7品目(写真=ワールドの発表資料より)を25日に全国の店舗やワールドの通販サイトなどで発売した。シリーズ名も「index × milky(インデックス×ミルキー)」と、不二家のロングセラーであるミルク味の飴菓子にちなんで付けた。  いずれもインデックス...

続きを読む

1月の神戸市消費者物価指数、4カ月連続で前年比下落 6費目が下落

 兵庫県が27日に発表した1月の神戸市消費者物価指数(2015年=100)は、生鮮食品除く総合が99.8と、前年同月比で0.3%下落した。前年同月を下回ったのは4カ月連続。光熱・水道などのエネルギー関連価格は前年比での大幅な下落が続いた。 10大費目別で見ると、電力料金などの「光熱・水道」や、ガソリンを含む「交通・通信」に加え、「生鮮食品除く食料」で前年比で下落が続いた。先月は前年比で上昇した「家具・家事用品」「被...

続きを読む

ノーリツ、明石本社工場内に保育園開設 キャリア形成支援

 ノーリツは27日、明石本社工場(明石市)に7月1日から保育園を開設すると発表した。待機児童の多い乳児の入園を優先し、最も早くて生後57日の赤ちゃんも受け入れる。子どもの預け先が見つからないことによる退職や、意図しない育児休業の延長などを避け、女性社員による出産後の早期職場復帰や継続したキャリア形成を支援する。保育園の名称は社内公募で2月末に決定する。 ノーリツとグループ会社の社員が利用できる。利用定...

続きを読む

カルナバイオ、米エピバイオームと共同研究契約 2年間

 カルナバイオサイエンスは27日、米創薬ベンチャーのエピバイオーム(カリフォルニア州)と共同研究契約を結んだと発表した。マイクロバイオームと呼ばれる体内などの微生物のかたまり(細菌叢)が関連する疾患を対象に、医薬品候補の化合物開発をめざす。エピバイオームが持つマイクロバイオームに関する技術と、カルナバイオが持つ低分子化合物による医薬品開発のノウハウを互いに活かせば創薬につながると判断した。 契約期間...

続きを読む

さくらKCSの4〜12月期、最終赤字1億1000万円 通期黒字予想は維持

 さくらケーシーエスが26日に発表した2016年4〜12月期の連結決算は、最終損益が1億1100万円の赤字(前年同期は1億1800万円の赤字)だった。コスト削減に伴う販管費の減少で、前年同期に比べ減収でも赤字幅が縮小した。営業損益は2億100万円の赤字(前年同期は3億1100蔓延の赤字)だった。 売上高は3%減の149億円だった。三井住友フィナンシャルグループ向けなど金融機関がIT(情報技術)投資を抑制したのが響いた。自治...

続きを読む

みなと銀の4〜12月期、純利益3%減 貸出金の利息収入が減少

 みなと銀行が26日に発表した2016年4〜12月期の連結決算は、純利益が前年同期比3%減の58億円だった。日銀がマイナス金利政策を導入したのを受けて市場金利が低迷したのを受け、貸出金利息が減少したのが響いた。株式による利益も減少した。 資金運用益と手数料収入から経費を差し引いた本業のもうけである、みなと銀単独の業務純益は前年同期比3%増の98億円だった。金利低下(債券価格の上昇)で国債等債券損益のが31億円と...

続きを読む

久元神戸市長、神戸港「アジア諸港との連携が重要で現実的」

 久元喜造神戸市長(写真=神戸市が公開した動画より)は25日の定例記者会見で、神戸港の今後について「北米航路あるいは南米航路も模索していくことにしているが、神戸港のいまの立ち位置を考えれば、アジア諸港との連携が重要であり、現実的であると考えている」との見方を示した。2月13〜14日に開催する神戸港湾国際会議の概要発表に関連して、記者の質問に答えた。 香港やシンガポールの港が勢いを増す中で神戸港の強みは何...

続きを読む

神戸国際港湾会議、アジアなど26港の管理者ら参加 2月開催、神戸市が概要発表

 神戸市は25日、神戸開港150年記念行事として2月13〜14日に開催する「神戸国際港湾会議」の概要を発表した。神戸港の姉妹港、友好港に加えアジアと欧州の港など26港(表)の港湾管理者ら約200人が「グローバル社会における港の発展と未来」について議論する。25日の定例記者会見で久元喜造市長は、神戸港の世界的地位を引き上げるため「将来に対する布石を打つことが重要」と述べ、会議を開催する意義を強調した。  かつて世界...

続きを読む

神戸港の16年輸出入総額4年ぶり減少、前年比9.8%減 国内シェアは上昇

 神戸税関が25日に発表した2016年の輸出入総額は前年比9.8%減の8兆80億円だった。年間の輸出入総額が前年比で減少するのは4年ぶり。年間の平均為替レートが1ドル=108円95銭と、前年の121円ちょうどに比べ12円05銭(11.1%=IMF方式)の円高・ドル安になったことで、外貨建てで決済することが多い貿易品の円換算値が縮小した影響が大きいとみられる。 輸出総額は5兆1097億円と前年に比べて7.9%減少した。台湾や中国向け...

続きを読む

アシックス、3D解析で歩く姿勢を数値化 デイサービスで活用

 アシックスは25日、NEC傘下のNECソリューションイノベーター(東京都江東区)と共同で歩く姿勢を測定して数値化する「NEC歩行姿勢測定システム」を開発したと発表した。最先端の3D(立体)解析技術を活用し、センサーに向かって歩くだけで歩く姿勢を測定できる。アシックスが運営するデイサービス施設などで、歩行訓練などに活用する計画だ。 3Dセンサーに向かって6メートル歩くき、その間に「歩行速度」「歩幅」...

続きを読む

ドーン、筆頭株主ディキャピタルが買い増し 持ち分10%超に

 地理情報システムを活用したソフト開発などを手がけるドーンは25日、筆頭株主であるディキャピタル(大阪市)から株式を追加取得したとの通知を受けたと発表した。ディキャピタルの新たな保有株数は33万4800株。従来は23万4800万株だった。議決権ベースでの持ち分は7.39%から10.54%に上昇した。 ディシステムはドーン株を中長期的に保有する意向を示しているという。ディシステムは経営コンサルティングを手がけており、代表...

続きを読む

2016年のケミカルシューズ生産額、前年比1.4%減 3年連続減少

 日本ケミカルシューズ工業組合(神戸市長田区)が24日に発表した2016年のケミカルシューズ生産額は、前年比1.4%減の367億円だった。年間の生産額は3年連続で減少した。主力の婦人靴は292億円で前年比横ばいだったが、紳士靴と子供靴が振るわなかった。 2016年12月現在の加盟社数は89社だった。15年12月の85社から婦人靴メーカーが5社増加し、子供靴メーカーが1社減少した。...

続きを読む

石光商事、パナソニックのコーヒーサービス事業に生豆を供給 4月から

 石光商事は、4月上旬からパナソニックが始めるコーヒーサービス事業「The Roast(ザ・ロースト)」にコーヒーの生豆(写真=パナソニックのホームページより)を供給する。パナソニックはスマートフォン(スマホ)やタブレットに、2013年の焙煎世界チャンピオンである後藤直紀氏による焙煎工程のプログラム(プロファイル)を配信。新たに開発した家庭用焙煎機に転送することで、生豆の状態に応じたプロの見立てで焙煎したコー...

続きを読む

シャルレ、松本尚さんとコラボ「こだわりソックス」発売 神戸別品博覧会で

 女性向け肌着メーカーのシャルレは24日、兵庫県出身のアーティストである松本尚さんと共同でデザイン(コラボ)した「手摘み国産綿使用 こだわりソックス」(写真=シャルレの発表資料より)を発売すると発表した。地元企業とアーティストが共同で特別な品物「別品」を生み出す神戸別品博覧会での企画の一環として製造した。 長年シャルレ製品として親しまれたソックスの仕様に、素材として同社が休耕地を活用して無農薬で栽培...

続きを読む

三ツ星ベルト、自社株300万株を消却 発行済み株式数の4.4%

 三ツ星ベルトは24日、自社で保有する株式300万株を2月6日付で消却すると発表した。消却前の発行済み株式数の4.4%に相当する。資本効率の改善などがねらいとみられる。同日開催の取締役会で決定した。300万株の消却後、発行済み株式数は6520万8397株になる。 24日の東京株式市場で三ツ星ベルト株は、自社株消却の発表直後に前日比で7円高い1007円まで上昇する場面があった。終値は5円安の995円だった。...

続きを読む

井戸兵庫知事、17年度予算「兵庫にカムバックするような対策が望ましい」

 兵庫県の井戸敏三知事(写真=兵庫県が公開した動画より)は23日の定例記者会見で、2017年度予算では地域創生に関連する施策として「できるだけカムバックしてもらえるような対応、就職にしても住むにしても兵庫を目指してもらえるような対策ができれば望ましいと考えている」との見方を示した。空き家対策などで2016年度で実施した事業も多いが「できることを、きちんとしていきたい」と継続して事業に取り組む考えを明らかにし...

続きを読む

広告

サイト内検索

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告