井戸兵庫知事、富岳全面稼働「世界最先端の科学技術基盤が集積するシンボルに」

20200101井戸兵庫知事

 兵庫県の井戸敏三知事(写真=資料)は9日、スーパーコンピューター「富岳」が3月9日に全面的に稼働するのを受けて「世界最先端の科学技術基盤が集積する兵庫・神戸のシンボルとして、基礎科学の発展と産業競争力の強化に大きく貢献していくことを願っています」とのコメントを発表した。「富岳」は神戸市中央区にある理化学研究所の計算科学研究センターに設置した、「京」の後継機だ。

 井戸知事は富岳について「すでに新型コロナウイルス対策として、治療薬候補の選定や飛沫感染シミュレーションなど様々な研究成果を上げています」と指摘。部分的な稼働にも関わらず高い成果を上げたことで、今後の可能性の大きさを強調した。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告