大阪府、緊急事態宣言の解除要請を見送り 新型コロナ・来週再び判断へ

 大阪府は9日午後に開いた新型コロナウイルス対策本部会議で、緊急事態宣言の解除を要請する判断を見送った。吉村洋文知事は同会議で、大阪府が独自に設けた解除の基準は満たしているが「病床のひっ迫度を考えて、来週もう一度会議を開いて判断したい」と述べた。

 大阪府は緊急事態宣言の解除を要請する際に、兵庫県、京都府と協調することを確認している。兵庫県の井戸敏三知事は、8日の定例記者会見で現時点の緊急事態宣言の解除について否定的な見方を示していた。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告