今日の予定・もみ合いか、過熱感と先高観が綱引き 日経平均3万5500円中心か

20200401今日の株式相場

【神戸経済ニュース】18日の東京株式相場はもみ合いか。日本株は短期的な過熱感が指摘される中で、短期的な利益確定の売りが続きそうだ。前日も日経平均株価は取引時間中に3万6000円の節目を上回ってから、利益確定の売りが膨らむ展開になった。上値では利益確定の売りが出やすい。半面、日本株には先高観が強いとの見方が根強い。外国為替市場で円相場が1ドル=148円台に下落したのも追い風だ。日経平均は3万4500円近辺を中心とした推移が想定される。

 17日の米株式市場ではダウ工業株30種平均が3日続落した……(続きはNoteでご覧ください)


▽関連コンテンツ

・この記事は、国内外の経済動向や相場動向を解説することを目的としております。投資勧誘や特定の商品の購買勧誘を目的としたものではありません。
・この記事は、信頼できると思われる情報、データに基づいて作成されていますが、筆者・発行者がその情報の完全性や正確性、相当性などを保証するものではありません。
・この記事の情報を利用する場合は、すべて利用者の責任においてご利用ください。その結果として生じたすべての帰結について、筆者・発行者は一切責任を負いません。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告