神戸市の補正予算が成立 新型コロナ感染対策、特別定額給付金など

 神戸市議会は1日に臨時で開いた本会議で、2020年度予算の4月補正予算案を全会一致で可決、補正予算が成立した。新型コロナウイルスの感染防止に向けた防護具の確保や、企業や自営業者の事業継続を支援する緊急経済対策、国が財源を用意した1人10万円の特別定額給付金の支給などを盛り込んだ。 補正予算は総額1624億円規模で、このうち1555億円が特別定額給付金のための費用だ。前日の質疑に続いて本会議を開催したが、この日...

兵庫県の補正予算が成立 実質無利子の融資、休業要請での支援金など

 兵庫県議会は24日に開いた臨時議会の本会議で、2020年度予算の4月補正予算案を全会一致で可決した。新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けた中小企業向けに、実質無利子で融資を受けられるようにする制度創設に向けた関連費用や、休業要請に協力した企業・店舗への支援金などを盛り込み、3916億円規模の補正予算だ。 兵庫県の井戸敏三知事は「国の緊急経済対策を踏まえ、第1に感染拡大防止対策の強化と医療・検査体制の充...

神戸市の補正予算1624億円規模 定額給付金に1555億円、休業要請対応9億円

 神戸市は23日、一般会計と特別会計を合わせて1624億円になる2020年度4月補正予算案を発表した(上の表)。20日閣議決定した新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府の2020年度補正予算を受けて、神戸市も編成。緊急補正予算の第1弾と位置付けた。総額のうち約96%を占める1555億円は、全住民に対して1人10万円を給付する特別定額給付金の予算だ。子育て世帯に1万円を支給する臨時特別給付金(約19億円)も盛り込み、神戸市独...

兵庫県の補正予算3916億円規模 国の無利子融資3623億円、休業要請の対応も

2020/04/20 18:00 (第一段落の「臨時閣議で決定する」を「決定した」に差し替えました) 兵庫県は20日、一般会計と特別会計合わせて3916億円になる2020年度4月補正予算案を発表した。同日午後の臨時閣議で決定した新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急経済対策を裏付ける、政府の2020年度補正予算案を受けて、兵庫県も補正予算を編成。24日に開催する臨時県議会で通過させる予定だ。このうち3623億円は、政府が中小企業向け...

久元神戸市長、補正予算「休業要請と独自措置の2本立て」 新型コロナで

 神戸市の久元喜造市長は17日の記者会見で、新型コロナウイルス感染症への対策をめぐる補正予算の編成を検討していることを明らかにした。内容については「(特措法に基づく兵庫県の)休業要請に対する措置と、神戸市が独自に行うような措置と2本立てで考えていきたい」との編成方針を示した。補正予算の規模については言及しなかった。神戸市の独自施策については「国や兵庫県の施策との関係を整理したうえで大至急検討している...

兵庫県、10年債の利回り0.155% 発行額200億円・機関投資家向け

 兵庫県は9日、10年物の公募地方債「兵庫県令和2年度第1回公募公債」の発行条件を決めた。表面利率は0.155%、発行価格は100円(応募者利回りは0.155%)、発行額は200億円で、機関投資家向けに販売した。発行日は22日、償還日は2030年4月22日。大和証券(事務)、SMBC日興証券、みずほ証券の3社が共同で主幹事を務めた。 9時30分に募集を開始し、9時32分には主幹事が完売を確認。均一価格リリースを宣言した。主幹事...

神戸市の20年度予算が成立 三宮再開発など投資的経費を増額

 神戸市議会は26日に開いた本会議で、2020年度予算案を賛成多数で可決。神戸市の20年度予算が成立した。自民、公明、維新、市民連合、国民などが多数派を構成した。一部の予算議案には共産、つなぐが反対した。今後は27日に、市政全般について市長や市幹部が答える一般質問を実施した後、正副議長を選出する6月11日まで議会を休会する予定だ。 今回の一般会計では、社会保障関係費用が増加したほか、三宮再開発や駅前の再整備、...

兵庫県の20年度予算が成立 全会計で過去最大3兆9549億円 

 兵庫県議会は23日に開いた本会議で、2020年度予算案を賛成多数で可決。20年度予算が成立した。一般会計と一部の特別会計や公営企業会計は自民、公明、ひょうご県民連合、維新などが賛成。共産が反対したが賛成が多数を構成した。一部の特別会計などは全会一致で可決、成立した。今後は会期末にかけて、兵庫県が19日に発表した、新型コロナウイルスの追加対策を目的とした19年度の補正予算案の可決をめざす。 社会保障関係費用が...

兵庫県の20年度、公募債1700億円を単独発行へ 5銘柄の主幹事を指名

 兵庫県は2020年度に公募地方債2300億円を発行する計画だ。このうち共同地方債を除く1700億円を単独で発行する。年限は5年債が300億円、10年債が500億円、超長期債が900億円を予定。19年度に続いて発行する全銘柄を主幹事方式で発行条件を決定している。19日までに4月以降に発行する5銘柄について主幹事を指名した。 兵庫県は19年度に公募債で初めて主幹事方式を導入。18年度までは入札方式を採用していた。19年4〜6月期に...

神戸市20年度、公募債1250億円を発行へ 通年の事務主幹事に三菱UFJモルガン

 神戸市は2020年度、共同地方債を除く単独で1250億円の公募地方債を発行する計画を12日までに明らかにした。20年度は年間を通じで主幹事を固定。全年限の事務を担当する主幹事には三菱UFJモルガン・スタンレー証券を指名した。主幹事をあらかじめ決めておくことで、市場環境や資金需要に応じた、より機動的な起債運営をめざす。 全年限で野村証券が共同主幹事を務める。さらに5年・10年債では大和証券が、20年債などの超長期...

神戸市が新型コロナ対策4億円など補正予算 国の補正予算にも対応

 神戸市は11日、一般会計で62億1800円になる2019年度3月補正予算案を発表した。新型コロナウイルス感染症への対策で4億円を計上する。加えて国の補正予算に対応し、学校外壁の耐震補強や、小中学校の児童生徒に1人1台の学主要パソコンを使わせる「GIGA(ギガ)スクール構想」に向けたLAN整備など56億8900万円も盛り込んだ。就職氷河期世代のキャリア支援に関する費用も計上する。 新型コロナ対策のうち、学童保育など...

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告