久元神戸市長、夏のボーナス295万円 月額の2.225カ月分を3割カット

 神戸市は29日、久元喜造市長の夏のボーナス(夏期手当)に給与月額の2.225カ月分から30%減額した295万1524円を支給すると発表した。前年同期の支給額に比べ1.14%増えた。市長の支給額は1999年以降、本来の支給額から3割カットした分を支給しており、これを今回も継続する。昨年は月額給与の2.20カ月分を夏季手当としていたが、夏季手当と年末手当の合計を変えずに支給月数を同じにしたことで2.225カ月分になり、昨年の夏季手...

(動画)神戸市とNTTドコモなど、AI翻訳で外国人住民に対応の実証実験

 神戸市とNTTドコモと、ドコモの子会社であるみらい翻訳の3者は29日、AI(人工知能)を活用した翻訳アプリを使った外国人住民への対応で実証実験すると発表した。これまでは常駐の通訳職員か小型翻訳機で対応してきたが、常駐の通訳職員は簡単に増やせず、小型翻訳機では行政用語が正しく翻訳できないといった弱点があった。正しい翻訳を学習することで、より精度の高い翻訳ができるようになるAI翻訳で、外国人住民との円...

(動画)久元神戸市長「使い勝手いい」 三宮で図書の自動受け取り機が30日稼働

 神戸市の久元喜造市長は29日、専用サイトで予約した図書館の本を自動的に受け取れる「予約図書自動受取機」を30日の稼働を前に視察した。自ら使ってみて「使い勝手がいい」「パネルの表示や順番も分かりやすい」などと感想を述べた。図書館外の市中で、自動受け取り機を設置するのは日本で初めてという。図書館の開館時間よりも大幅に長い、午前5時半〜午前0時に便利な都心・三宮で予約した本を受け取れる。 久元氏は「図書館...

神戸市、持続化給付金の申請支援を兵庫区役所に集中 7月から

 神戸市は7月1日から、現在は市内12カ所にある国の持続化給付金の申請を支援する窓口を、兵庫区役所に集約する。開設日もおおむね週2回に減らし、7月7日以降の毎週火曜日と水曜日に開催し、最終日は7月29日を予定する。窓口の開設時間は変わらず午前9時〜午後5時で、事前の電話予約が要るのも変わらない。予約の電話番号は 078-984-0132 。神戸市は6月9日から各区役所と北須磨支所、西神中央出張所に開設していた。 パ...

神戸市議会、6月議会が閉幕 議員報酬など減額は継続審査に

 神戸市議会の「令和2年第1回定例市会」が26日、閉会した。6月議会では新型コロナウイルスの感染再拡大に備えた医療・検査体制の整備や、生活支援、経済再開の支援などを柱とした6月補正予算案などを可決。7月12日に退任する岡口憲義副市長、寺崎秀俊副市長の後任として、今西正男氏と恩田馨氏を副市長に充てる人事などに同意した。一方で、維新の市議らが提出した議員報酬の月額などを減額して新型コロナ対策の費用として拠...

特別定額給付金、神戸市で給付率が95.9%に上昇 市長「ほぼ振込完了」

 神戸市は26日、全国民に10万円を配布する特別定額給付金について、同市での給付率(申請数に対する給付の割合)が同日時点で95.9%になったとホームページを通じて明らかにした。神戸市の世帯数が76万4063世帯あるのに対し、申請数は72万255件で全体の94.2%が申請を済ませた。このうち69万1056件について26日までに振り込みを終えた。 久元喜造市長はツイッターで「ほぼ振込完了です」と説明。「これからは、書類不備など個別...

三宮再開発、総事業費7440億円に うち神戸市負担1570億円か・2050年完成

 神戸市は三宮再開発の総事業費が7440億円になると試算していることが25日、明らかになった。同日の神戸市議会本会議で実施した一般質問で、河南忠一議員(自民)の質問に対して久元喜造市長が答弁した。2050年ごろの完成までに建設費という観点で、この額の経済効果が発生する計算になる。このうち神戸市の負担額は1570億円になる見通しという。 神戸市によると、試算値は有識者による検討委員会の助言を得て作成したもの。総事...

関西電総会、京阪神3市の共同提案を否決 神戸市は大阪市提案の大半棄権

 25日に関西電力が大阪市内で開催した株主総会では、大阪市、神戸市、京都市の3市が共同で提案した2議案を否決した。3市は経営の透明性確保を目的とした定款変更と、取締役報酬を個別に開示する定款変更を提案していた。ただ総会で可決したのは、1株25円を配当する剰余金処分案と、取締役13人を選ぶなど会社提案の3議案だけだった。 大阪市は関西電の株式7.27%を保有する筆頭株主。神戸市は関西電株2.91%を保有し、信託口...

神戸空港、5月の旅客数が95.2%減 新型コロナ影響で減便を徹底

 空港運営会社の関西エアポートグループが25日発表した5月の神戸空港旅客数は、前年同月比95.2%減の1万3239人だった。新型コロナウイルスの感染拡大による政府の緊急事態宣言を受けて、出張や旅行の取りやめが相次いだ。需要減を受けて航空会社も減便を徹底。神戸空港では旅客便の発着回数が1日平均で12回(通常ダイヤでは80回)と急減した。 フジドリームエアラインズ(FDA)の全便運休が4月末から継続。神戸空港の通常...

神戸市と米VCの起業家育成「新型コロナ」で募集開始 高橋政代氏も助言者に

 神戸市は24日、米有力ベンチャーキャピタル(VC)の500スタートアップス(カリフォルニア州)と共同で展開する起業家育成プログラム「500 Kobe Accelerator(アクセラレーター)」への参加者募集を開始した。30日に日本語でオンライン説明会を開催し、7月17日まで専用ホームページで応募を受け付ける。世界で初めてiPS細胞を使った臨床研究を実施した高橋政代ビジョンケア社長も特別メンター(助言者)として参加すること...

予約した図書館の本、三宮・花時計前駅で受け取り 国内初の自動貸し出し機

 神戸市は24日、ネットで予約した図書館の本を神戸市営地下鉄海岸線の三宮・花時計前駅に新たに設置する「予約図書自動受取機」で受け取れるようにすると発表した。受取機の導入は愛知県安城市の図書情報館内に次いで国内2例目で、図書館を離れた公共空間では国内で初めて。図書館の開館時間よりも大幅に長い、午前5時半〜午前0時に便利な三宮で本を受け取れる。人との接触を回避した形で安全に図書の貸し出しができるとあって...

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告