FC2ブログ

阪神・近鉄、つながって10周年で記念の1日乗車券 限定2万枚

  阪急阪神ホールディングス傘下の阪神電気鉄道と、近鉄グループホールディングス傘下の近畿日本鉄道は、阪神なんば線の開業よって相互直通運転を開始してから3月20日で10周年を迎えるのを記念した記念乗車券「阪神なんば線開業・相互直通運転開始10周年記念阪神⇔近鉄1dayチケット」を発売する。神戸高速線を除く阪神全線と近鉄の大阪難波〜近鉄奈良間が1日乗り放題で1500円だ。(図はチケットのデザイン=阪神電鉄提供) 20...

続きを読む

理研、ポスト「京」スパコンの名称公募 高い性能、世界の人から呼びやすく

 理化学研究所の計算科学研究センター(神戸市中央区)は15日、今年8月に運用終了が決まったコンピューター「京」に代わって富士通と開発を進めている次世代スーパーコンピューター(ポスト「京」)の名称の募集を始めた。名称を一般公募することを通じて、新しい世界最高水準のコンピューターについて多くの人に知ってもらうのがねらい。新しい名称は5月ごろに発表する計画だ。 「京」の名称も、約2000件の応募があった中から...

続きを読む

神戸市、名誉市民にノーベル生理学・医学賞の本庶佑氏 史上9人目

 神戸市は12日、神戸医療産業都市推進機構の理事長で、2018年のノーベル生理学・医学賞を受賞した本庶佑氏(写真)に名誉市民の称号を贈ることを決めた。同日開いた神戸市議会本会議に久元喜造市長が提案し、全会一致で議会の同意を得た。 がん免疫療法にかかわる物質「PD-1」の発見など医学分野での大きな功績に加えて、本庶氏は神戸医療産業都市構想の進め方を検討した「神戸医療産業都市構想懇談会」に京都大学の医学部長...

続きを読む

井戸兵庫知事、神戸市のヤミ専従「七不思議」「よくも生き残っていた」

 兵庫県の井戸敏三知事(写真=兵庫県が配信した動画より)は12日の定例記者会見で、労組幹部らが勤務時間中に無許可で組合活動に専念する「ヤミ専従」が神戸市で長らく続けられていた問題について「神戸市のような大きな都市で、そのようなことがいまだに行われていたのは七不思議の1つ」と述べ、問題には意外感があったとの見方を示した。ゆっくりと丁寧に言葉を選びながら「職場の実務が予想もしていない話なので、十分に把握...

続きを読む

兵庫県、「遺贈」円滑化で遺言信託の窓口紹介 三井住友銀と協定

 兵庫県は12日、遺言によって兵庫県に財産の一部や全部を寄付する「遺贈」について三井住友銀行と協定を結んだと発表した。生前、兵庫県に対して相談があった場合は三井住友銀の遺言信託の窓口を紹介する。三井住友銀は遺言書の作成を手伝ったうえで、遺言書の保管、遺言の執行などを担当する。 希望者の意向に沿って、円滑に財産が遺贈されるようにするのがねらい。具体的な遺贈先が決まっていない希望者には、三井住友銀が兵庫...

続きを読む

三宮再開発 JR三ノ宮駅南で車線減の社会実験、歩道橋に上りエスカレーター

 神戸市は2019年度、JR三ノ宮駅(神戸市中央区)南側の三宮交差点から中央区役所前にかけての約350メートルで、10車線の道路を交通規制して6車線にする社会実験を実施する。期間は1カ月間を想定。三宮交差点をほぼ歩行者専用にして三宮周辺の回遊性を高める「三宮クロススクエア」構想に向けて、周辺の交通にどういった影響が出るかなどを詳しく調べるのが目的だ。8日に発表した19年度予算案に新規で9500万円を計上した。 ...

続きを読む

神戸市が米シリコンバレーに事務所 米企業誘致、国内企業の米進出を支援で

 神戸市は2019年度に米シリコンバレーに事務所を開設する。8日に発表した予算案には費用として200万円を盛り込んだ。新年度入り早々に、米カリフォルニア州のサンフランシスコからサンノゼにかけてのシリコンバレー地域で、場所の選定に入る。米IT(情報技術)企業の日本進出や、日本のスタートアップ(起業まもない会社など)が米国に進出する際の支援拠点とし、今後も成長が続くとみられる分野で神戸の存在感を高める。 シ...

続きを読む

神戸港、19年のコンテナ取り扱い個数300万個めざす 3年連続で過去最高に

 神戸市は、2019年の神戸港でのコンテナ取り扱い個数の目標を300万個(20フィートコンテナ換算)に設定した。昨年の294万個を上回り3年連続で過去最高をめざす。昨年も300万個を掲げたが、台風の影響でコンテナを船に積み降ろしするガントリークレーンが一部で使えなくなるなど、一時的に港湾機能が低下したこともあり達成できなかった。今年は国内外からの集貨を強化し、改めて300万個に挑戦する。(写真はポートアイランドのコ...

続きを読む

神戸市のGovTechサミットが閉幕 副市長「情報共有と神戸のアピールできた」

 神戸市が進めてきたスタートアップ(起業まもない会社など)支援や、スタートアップを起用して行政課題に取り組んだ成果などを発表する「GovTech(ガヴテック)サミット」は10日夕方、講演や討論、提言セッションに続いて希望者全員が18グループに別れて議論する「GovTechカフェ」を開催し、閉幕した。議論は「技術者が考えるGovTech」「小さい自治体のためのGovTechとは」と幅広いテーマで開催。数人〜十数人程度に分かれて、行...

続きを読む

神戸市のGovTechサミット 「失敗情報の共有はえらいという流れを」平本氏

 神戸市が東京都内で10日開催した「GovTech(ガヴテック)サミット」では、まとめの「提言セッション」で平本健二・内閣官房政府CIO上席補佐官(写真中)と、寺崎秀俊・神戸市副市長(写真右)が対談した。寺崎氏は、行政に新たなテクノロジーを取り込む際に「失敗を恐れないことが重要」と指摘した。寺崎が「失敗事例集を作りませんか」と呼びかけると、平本氏は「失敗した情報の共有はえらい、という流れを作っていければと...

続きを読む

神戸市のGovTechサミット 自治体への不満「何かやるからこそ」

 神戸市が東京都内で10日開催した「GovTech(ガヴテック)サミット」では、神戸市の起業家支援プログラムを活用したスタートアップ(起業まもない企業など)の各社が自治体との関わり方について討論した。Compass(神戸市中央区)の大津愛CEO、KURASERU(神戸市東灘区)の川原大樹CEO、DentaLight(福岡市博多区)の藤久保元希CEO、Momo(神戸市中央区)の大津真人CEOが登壇。ウィズグループ(東京都港区)代表でGovT...

続きを読む

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告