FC2ブログ

久元神戸市長、楽天と連携協定「キーワードはテクノロジー」 大学とも連携へ

 神戸市の久元喜造市長は1日午前に神戸市兵庫区のノエビアスタジアム神戸で開いた、楽天との包括連携協定の締結式で「キーワードはテクノロジーではないか」との見方を示し、IT(情報技術)に強みを持つ同社と連携する意義を強調した。久元氏は「これから、さらにテクノロジーが進化をしていく中で、神戸でもいろんな分野でテクノロジーを活用した経済の活性化、さらには市民生活の向上、グローバル社会への貢献という可能性が...

続きを読む

楽天と神戸市が包括連携協定を締結 情報発信やキャッシュレス化などで協力

 神戸市と楽天は1日、神戸に関する情報発信や訪日客誘致の推進などで包括連携協定を結んだと発表した。楽天が強みを持つIT(情報技術)やイーコマース(EC、ネット通販)を地域経済の活性化につなげるのがねらい。楽天が国内で連携協定を結ぶ自治体は30カ所目になる。楽天の三木谷浩史会長兼社長が2004年にヴィッセル神戸の運営を引き継ぎ、07年には楽天が神戸支社を開設。15年にはヴィッセル神戸が楽天の傘下に入るなど両者...

続きを読む

兵庫県、県庁舎の配置で2案提示して議論 元町山手の構想検討委

 兵庫県は29日午後、本庁舎の建て替えをきっかけとした周辺の再開発について基本構想・基本計画を検討する委員会「元町山手再整備基本構想・基本計画検討委員会」の第2回会合を開催した。委員会では本庁舎の老朽化への対応は、現庁舎の耐震補強などに比べ、現在の立地で本庁舎を建て替えることが合理的であることを改めて確認。兵庫県の事務局からは主要施設の配置について2種類の案を提示して議論した。 兵庫県が提示したのは...

続きを読む

(動画)三宮再開発 花時計の移転セレモニー、久元神戸市長「一抹のさびしさ」

 神戸市は29日午前、神戸市庁舎3号館の建て替えに関連して現在の場所から撤去する「こうべ花時計」の移転セレモニーを開催した。神戸市の久元喜造市長があいさつし、1957年の設置以来ずっと同じ場所にあった花時計の移設に「一抹のさびしさを覚える」としながらも、「街は成長していかなければなりません」と話して理解を求めた。 神戸市議会の北山順一議長はあいさつで、花時計を設置した時期を「高校生のころだった」と振り返...

続きを読む

井戸兵庫知事「万博サテライト会場を検討」 神戸空港国際化「避けられない課題」

 兵庫県の井戸敏三知事(写真=兵庫県が配信した動画より)は28日の定例記者会見で、2025年に大阪市此花区の人工島「夢洲」で開催することが決まった国際博覧会(万博)について、「準備をしっかり、われわれも協力して進めていくということが第一」と述べ、開催に向けて積極的に支援する意向を改めて示した。テーマが“いのち輝く未来社会のデザイン”とあって神戸医療産業都市を展開する「神戸でもサテライト(会場)を作っていた...

続きを読む

湊川協同組合ビルの再開発、事業協力者に和田興産 22年4月に開業予定

 「ミナイチ」の通称で知られる商業施設運営の湊川協同組合(神戸市兵庫区)と、神戸市が共同で保有する「湊川協同組合ビル」(同)の再開発で、事業協力者に和田興産が決まった。神戸市が、このほど発表した。和田興産は今後、神戸市と協議しながら再開発を進める。22年4月の開業を予定する。 現在の同ビルは1970年に完成。地下2階、地上10階建てで、下層階が商業施設、上層階が市営住宅になっている。建て替えを機に市営住宅...

続きを読む

神戸市のアジア物流フォーラムが閉幕 マレーシア・クラン港の運営会社と覚書

 神戸港への集荷をめざすアジア物流フォーラムが27日、閉幕した。2日目(最終日)の同日は、米コンサル大手マッキンゼーのコンサルタントら3人が「激動期における港湾エコシステムの変革機会」について講演(写真)、続いてダニエル・ラッセル米元国務次官補が「2019年の世界経済の動向」について講演した。前日に続いて約300人の参加者が会場を埋めた。 マッキンゼーの村上友太氏は、海運大手の統合が進む中で、事業上は川上...

続きを読む

ラッセル米元国務次官補「早ければ春に米朝衝突も」 19年に4つの地政学リスク

 ダニエル・ラッセル米元国務次官補(東アジア・太平洋担当=写真)は27日に神戸市内で講演し、2019年の世界情勢について「4つの地政学リスクが考えられる」と指摘。このうち、米朝関係については「早ければ春にも衝突がありうる」との見通しを示した。米朝関係以外では、国際テロリズム、中東問題、米中貿易摩擦を19年の主要な地政学リスクとして挙げた。 北朝鮮問題についてラッセル氏は「2019年に危機がないとみるのは難しい...

続きを読む

「米中貿易摩擦の影響は」「インドのインフラ整備は」 中印の物流事情を解説

 国内外の港湾関係者などが参加する「アジア物流フォーラム」では26日午後、中国とインドの物流関係者が講演し、それぞれの国内事情について解説した。中国では海運や鉄道の活用で、トラック輸送への依存度を下げる取り組みについて紹介。インドでは課題である道路網などのインフラ整備の進捗などについて説明した。参加者らは熱心にメモをとるなどして聞き入った。 中国の物流事情について講演した順豊エクスプレス(広東省深セ...

続きを読む

三宮再開発 税関前交差点の歩道橋、設計競技のプレゼンを公開 12月15日

 神戸市は26日、新たにかけ替える税関前交差点(神戸市中央区)の歩道橋の設計競技(コンペ)で、2次(最終)審査に向けたプレゼンテーションを公開すると発表した。プレゼンテーションは1次審査を通過した5者が12月15日に実施。先着60人の観覧者を募集する。観覧者が審査に参加できるわけではないが、公開することで都心三宮と新港地区の結節点として同歩道橋に関心が高まっていることに応える。(写真は現在の税関前交差点と...

続きを読む

大阪万博決定 家次神商会頭「地域の産業界にとってもチャンス」

 神戸商工会議所の家次恒会頭は、大阪で国際博覧会(万博)を2025年に開催することが決まったのを受けて24日付でコメントを発表し、「ともに誘致を目指してきた神戸経済界としても大変喜ばしい限り」と改めて歓迎した。万博には海外から多くの人が訪れると見込まれ、「関西の魅力を世界にアピールする絶好の機会」「地域の産業界にとっても新たなビジネスをつかむチャンス」になるとの見方を示した。 そのうえで「関西が一致結束...

続きを読む

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告