神戸電鉄など6社局、「太閤の湯クーポン」販売を再開 4月1日から

 神戸電鉄など鉄道6社と神戸市交通局は4月1日、温浴施設「有馬温泉 太閤の湯」(神戸市北区)の入館券がセットになった1日フリー乗車券「有馬温泉 太閤の湯クーポン」を発売する。阪急阪神ホールディングス傘下の有馬ビューホテルが同日、耐震強化などの工事を終えて「有馬温泉 太閤の湯」を約10カ月ぶりにオープンさせる。これに合わせて、以前販売していた「太閤の湯クーポン」も販売を再開する。各社沿線から有馬温泉に...

続きを読む

神戸海洋博物館リニューアル、入口ホールいっぱいに映像など 丹青社と契約へ

 神戸市は27日、2019年度に予定している神戸海洋博物館(神戸市中央区)の展示リニューアルについて、丹青社の関西支店を契約候補者に決めたと発表した。神戸市が1月29日〜2月8日に公募したところ、3社の応募があったという。学識経験者らで構成する審査委員会で提案内容を審査して決めた。 神戸市によると丹青社の提案(図=神戸市提供)は、周辺環境との調和に配慮した展示であることや、同博物館が多く所有している船舶模...

続きを読む

アジア・オセアニアの国際生理学会、28日から神戸で日本初開催 2000人参加

 第9回アジア・オセアニア生理学会連合大会が28〜31日に、神戸国際会議場と神戸国際展示場で開催される。4年に1度の頻度で開かれる、アジア・オセアニアの研究者の約2000人が集まる学会で、約600人が海外からの参加者になる見通しだ。医学会や生命科学分野の学会が多い神戸でも、有数の規模になると見込まれる。 日本では初めて開催する。会議の開催に協力した神戸観光局によると、国内外からのアクセスの良さや、規模の大き...

続きを読む

神戸観光局と三井住友銀、地域キャッシュレス化など連携 米スクエアの端末活用

 神戸観光局と三井住友フィナンシャルグループ傘下の三井住友銀行は26日、訪日外国人観光客の誘客など観光振興に関する連携協定を結んだと発表した。ラグビー・ワールドカップ(W杯)を先頭に国際的な大イベントが相次ぐことから、観光地の商店といった地域のキャッシュレス化を進めることなどを通じて、訪日客の受け入れ態勢強化で連携。地域活性化につなげる。 三井住友銀が神戸市と2016年5月に結んだ産業振興についての連携...

続きを読む

JR西日本、新神戸・三ノ宮にも多言語放送システム導入 既存設備に接続

 JR西日本は姫路駅などで先行して導入していた「多言語音声翻訳放送システム」を新神戸駅と三ノ宮駅にも導入する。あらかじめ登録した英語、中国語、韓国語の案内放送ができるようになる。平常時以外の放送にも対応し、電車の遅れや運転見合わせ、運転取りやめなどの案内も多言語でできるようになる。(写真は新神戸駅のホーム=資料) 昨年3月から京都駅、西九条駅、ユニバーサルシティ駅、天王寺駅、姫路駅と、訪日外国人観...

続きを読む

スイートに泊まってヴィッセル神戸を応援 神戸ポートピアホテルがキャンペーン

 神戸ポートピアホテル(神戸市中央区)では今シーズン、通常の半値近くになる大幅な割安価格でスイートルームに泊まったうえ、ノエビアスタジアム神戸または神戸ユニバー記念競技場の「ヴィッセルシート」での観戦チケットがもらえる「VISSEL KOBE 応援キャンペーン」を実施する。サッカーJ1のヴィッセル神戸が両球場でホームゲームを開催する際、1試合につき1室(2人)の限定プラン。デイゲームは試合開催日の前日の宿泊、...

続きを読む

神戸周辺で2ルート設定 国交省、海ルート観光「マリンチック街道」

 国土交通省は、レジャー用の小型船などが係留できる「海の駅」を利用した海上観光のモデルコース「マリンチック街道」として、新たに11ルートを設定した。このうち「神戸・西宮」「神戸・淡路」と2ルートが神戸周辺だ。今回の11ルートは、昨年3月に初めて選んだ5ルートに続く第2弾。神戸周辺は初めてだが、神戸や阪神間は古くからのマリーナがあるなど、海洋レジャーの拠点として可能性を指摘する声は多い。(図は「神戸・西...

続きを読む

久元神戸市長、パンダ研究「中国当局から評価と報告」 王子動物園長ら出張

 神戸市の久元喜造市長(写真=神戸市が公開した動画より)は7日の定例記者会見で、2020年7月の期限切れ後も引き続きジャイアントパンダの貸与を受けられるかについて「(神戸市立)王子動物園の関係者とはパンダの飼育について適切に情報交換が行われ、研究が進められているということについて、国家林業(草原)局から評価されていると報告を受けている」と述べ、前向きな見通しを示した。寺崎秀俊副市長と上山裕之・王子動物...

続きを読む

バウムクーヘン日本上陸100周年 ユーハイムの製菓マイスターが神戸市長を表敬

 ユーハイム(神戸市中央区)の創業者であるカール・ユーハイムが、広島で日本最初のバウムクーヘンを焼いてちょうど100年になる4日、ドイツの国家資格「製菓マイスター」を持つ同社の和気隆正・神戸工場長(写真右)が久元喜造神戸市長(同左)を表敬訪問し、特製のバウムクーヘンを手渡した。いまでは全国にさまざまなバウムクーヘンが広がるが、神戸っ子の久元氏は「物心が付いたときからバウムクーヘンはユーハイム」という...

続きを読む

尾山神商副会頭、観光「関東で宣伝」 V神戸に続き阪神戦でも誘客、宿泊促す 

 神戸観光局会長を務める神戸商工会議所の尾山基副会頭(アシックス会長CEO)は4日、神戸商工会議所の定例記者会見で、神戸周辺地域への観光誘致について「関東で宣伝する」との方針を強調した。関東地方を中心とした首都圏は国内最大の消費市場であると同時に、地理的条件から宿泊を伴う可能性が高く、より神戸観光の活性化につながるとの見方を示した。 関心が高まる「スポーツツーリズム」については、サッカー元スペイン...

続きを読む

「BE KOBE」の補修工事が完了 5日朝から通常どおり、1週間前倒し

 神戸市は4日、メリケンパークに設置したモニュメント「BE KOBE」(写真=4日)の補修工事が完了したと発表した。塗装の乾燥を見込んで5日午前9時に囲いを取り除き、通常どおり公開。人気の記念撮影もできるようになる。 文字をかたどる鉄板の接合部などに裂け目が発生したため、2月18日から3月13日までの予定で補修工事を進めていた。ただ工事が順調に進み、天候もよく重ね塗りした塗装の乾燥も早かったことで、工...

続きを読む

広告

サイト内検索

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告