神戸市、W杯観戦客ら向け観光サイト「TRY! KOBE」開設 英語版も作成

 神戸市は25日、9月に始まるラグビーワールドカップ(W杯)をきっかけに初めて神戸を訪れた訪日観戦客でも、神戸での飲食や観光を楽しめるよう案内するウェブサイト「TRY! KOBE(トライ神戸)」を同日開設したと発表した。神戸で開催するラグビーW杯の4試合は、イングランド、スコットランド、アイルランドと英国圏から出場する国が多いほか、試合開始が夜であることを意識して掲載する情報を厳選した。英語版も31日に開設する...

続きを読む

「ナイトタイムエコノミーとは24時間都市」 神商が「夜の観光」講演会

 神戸商工会議所は25日、ラグビーワールドカップ(W杯)の神戸開催を9月に控え、夜の観光「ナイトタイムエコノミー」に関する講演会を神戸市内で開催した。東京で無料英文誌「タイムアウト」を発行するオリジナル(東京都渋谷区)の伏谷博之代表が講師を務め、「ナイトタイムエコノミーとは24時間都市を作るということ」と話した。単に飲食店の営業時間を伸ばすだけでなく、公共交通機関の終夜運転などを実施するとなると、「眠...

続きを読む

地下鉄海岸線、三宮〜ハーバーランド「300円で乗り放題」の1日券 20日発売

 神戸市交通局は20日から、地下鉄海岸線の三宮・花時計前〜ハーバーランドの間が1日に何度でも自由に乗り降りできる1日乗車券「神戸ベイエリア回遊1dayパス」を販売する。ターミナル駅の三宮と、「BE KOBE」モニュメントや「モザイク大観覧車」など多くの観光スポットがあるメリケンパークやハーバーランドの間を乗り放題にしてで回遊性を高めると同時に、地下鉄海岸線の利用をうながす。 価格は300円。大人料金のみの...

続きを読む

(動画)山陽電鉄「忍たま乱太郎」電車の出発式 作者・尼子騒兵衛さんも出席

(2019/07/19 22:10 更新) 山陽電気鉄道は19日午前、同日から運転を始める人気アニメ「忍たま乱太郎」をデザインした電車の出発式を山陽姫路駅(姫路市)で開催した。式典にはアニメ化した原作のマンガ「落第忍者乱太郎」の作者である尼子騒兵衛さんも出席。尼子さんは「ラッピング(装飾)電車は、あこがれだった」などと話し、電車の運行をよろこんだ。電車は9月8日まで運転し、姫路~神戸三宮などの各駅停車に投入する。 ...

続きを読む

旧六甲山ホテル「六甲山サイレンスリゾート」が開業式典 20日からレストランなど

 輸入車販売の八光自動車工業(大阪市阿倍野区)を中心とする八光カーグループは17日、旧六甲山ホテルの旧館を活用して20日に営業を開始する「六甲山サイレンスリゾート」(神戸市灘区)の開業記念式典を開催した。伊著名建築家のミケーレ・デ・ルッキ氏を起用して施設全体をデザイン。20日から営業するグリル・レストランなどに加え、スパを含めた宿泊施設、多目的ホール、教会などを順次整備し、2025年に全体の完成をめざす。 ...

続きを読む

神戸・大阪の観光局、ラグビーW杯控えロンドンでスクラム 誘客イベント開催

 神戸観光局は大阪観光局と連携して、英ロンドンで観光誘致を目的としたプロモーションイベントを22日に開催する。ラグビーワールドカップ(W杯)の開催を9月に控えて、ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)、東大阪市花園ラグビー場(大阪府東大阪市)と2カ所の会場を抱える神戸・大阪の観光局がスクラムを組み、関西への旅行を促す。神戸と大阪の観光局が英国で、共同のイベントを開催するのは初めて。 ラグビーW杯では神...

続きを読む

登山地図アプリYAMAP、六甲山を日英2カ国語化 ラグビーW杯観戦客に照準

 神戸観光局は12日、登山地図アプリ「YAMAP」を配信するヤマップ(福岡市博多区)と連携し、同アプリの六甲山の登山道と周辺の施設を紹介するページを、日英2カ国語化したと発表した(図=神戸市提供)。9月から神戸でも4試合を開催するラグビー・ワールドカップ(W杯)で神戸を訪れる訪日観戦客に照準を合わせ、神戸ならではの体験である山歩きをうながすのがねらい。 1試合で見込まれる観客数が3万人とあって、4試...

続きを読む

(動画)桂あやめさん、新開地「マダムがお茶する店も増えて」 喜楽館1周年で

 「これからはマダムたちがお茶したくなる店も、どんどん増えていってほしい」。こう話すのは、11日に1周年を迎えた寄席「神戸新開地・喜楽館」(神戸市兵庫区)の周辺地域で子供時代を過ごした落語家の桂あやめさんだ。ちょっと一杯の店が多く「おっさんの街」(桂あやめさん)と思われていた新開地に喜楽館ができたことで、早くも「客層」に変化が表れている。喜楽館の館長を務める新開地まちづくりNPO(神戸市兵庫区)の高...

続きを読む

新幹線・新神戸駅にストリートピアノ 神戸市内のJR西日本駅で初めて

 神戸市は9日、山陽新幹線の新神戸駅に誰でも自由に弾ける「ストリートピアノ」を11日から設置すると発表した。改札口のある同駅2階で、改札外の待ち合いコーナーに設置する。神戸市内のJR西日本の駅で設置するのは初めて。日本で初めてジャズバンドができた「音楽の街」として、遠隔地から陸路で神戸を訪れる人を音楽で出迎える。 少子化などで学校で使われなくなったピアノを神戸市が持ち出す。管理はJR西日本の神戸支社...

続きを読む

(動画)2つ目の「BE KOBE」ポーアイしおさい公園に 除幕・点灯式を開催

 神戸市中央区のポートアイランド西岸壁にある「ポーアイしおさい公園」では8日夕方、「BE KOBE」の文字をかたどった新たなモニュメント(記念碑)の除幕・点灯式を開催した。モニュメントは神戸市が設置。神戸市の久元喜造市長は式典後に記者団の取材に応じ、「これまではそれほど人の多くなかったポーアイしおさい公園にも、多くの人が訪れるようになりそう」と期待を語った。 「BE KOBE」は2015年に阪神淡路大震災から20年が...

続きを読む

橘ケンチさん「こういう場所が神戸に、喜ばしい」 コトノハコ神戸で開業式典

 山陽新幹線の新神戸駅に直結する商業施設、「コトノハコ神戸」(旧・新神戸オリエンタルアベニュー)が4日に新装開業し、同日午前に記念式典を開催した。アニメをミュージカルとして実演する同商業施設内の劇場「AiiA 2.5 シアター神戸」で同日から主演するEXILEの橘ケンチさん(写真中)も式典に出席し、新装した劇場について「関西圏でもっと舞台やライブをやりたいなと思っていたので、こういう場所が神戸にできて喜ばしい」...

続きを読む

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告