神戸市、22年度の市税収入165億円増を想定 「やめる勇気」も・予算編成方針

20211127予算編成方針

【神戸経済ニュース】神戸市は26日に発表した2022年度の予算編成方針で、一般財源に充当できる市税収入を今年度の当初予算に比べて165億円多い3051億円(新型コロナウイルスの影響による徴収猶予の影響を除く)に見積もった。ワクチン接種の効果などで新型コロナウイルスの感染拡大が一服し、企業業績の改善による法人市民税などの増加が見込まれるという。一方で社会保障関係費などの財政需要は高まるため、引き続き厳しい予算編成になる。

 一般財源のうち市税収入の増加に伴って、交付税や臨時財政対策債による資金調達は減少する。このため一般会計総額の増加は21年度当初予算に比べ33億円になる見通し。半面、人件費、扶(ふ)助費、公債費の合計である「義務的経費」の増加は同44億円を見込む。人件費の削減は進んでも、福祉に関わる予算である扶助費と、借金返済のための予算である公債費が増加するためだ。引き続き、義務的経費の増加が財政を圧迫する構図に変わりはない。

 予算の配分に向けては、新型コロナから住民を守ることを最重点とする。それ以外では、特に優先的に取り組む施策や事業については要求上限を設けない一方で、「やめる勇気」も強調。時代適合性や費用対効果などで事業を厳選し、類似事業は整理統合する。DX(デジタルトランスフォーメーション)を中心に新技術の投入で、職員の負担軽減もねらい、人口減少に対応した職員数の削減を実施しても持続可能な行政をめざす。(図は一般財源イメージ=クリックで拡大)

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告