神戸市営地下鉄、日本シリーズ試合終了に合わせ増発 西神・山手線で27・28日

20200418神戸市営地下鉄

【神戸経済ニュース】神戸市交通局は、27・28日に「ほっともっとフィールド神戸」(神戸市須磨区)で開催するプロ野球SMBC日本シリーズ2021「オリックス対ヤクルト戦」の試合終了に合わせて、神戸市営地下鉄西神・山手線の西神中央発・新神戸行き電車を3本増発する。増発する電車の運転時刻は、試合展開に合わせて現場で判断する。電車の増発によって、試合終了後に見込まれる総合運動公園〜三宮での混雑の緩和をねらう。

 試合開始に合わせた増発は実施しない。今回は観客の上限が1万6000人とあって、神戸市交通局は「この水準であれば、試合前には増発が必要なほど乗客の集中は発生しないと経験から判断した」(高速鉄道部運転統括所)としている。27日にヤクルトが勝ち、28日の試合がなくなれば増発も実施しない。(写真は神戸市営地下鉄西神・山手線=資料)

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告