兵庫県の新型コロナ対策本部会議が始まる 飲食店の人数制限緩和など議論

【神戸経済ニュース】兵庫県は25日午後2時に、県公館の大会議室で新型コロナウイルス感染症対策本部会議と、感染症対策協議会の合同会議を始めた。冒頭にあいさつした斉藤元彦知事は、「県として、国の基本的対処方針の改定を踏まえて、次なる波に備えた医療提供体制の確保、飲食店等の人数制限の緩和、イベント(上限人数制限)の見直しについて議論いただく」と話した。

 政府が19日に新型コロナ対策本部を持ち回りで開き、飲食店利用時の人数制限をなくすなど基本的対処方針を改めた。ワクチンの接種が進んだことなどを背景に緊急事態宣言や、まん延防止等重点措置の発令時にも、飲食店に酒類の提供を禁止しない方針なども示している。対策本部会議は冒頭の斎藤知事のあいさつのみ報道機関に公開。終了後に斎藤知事が記者会見して結果を説明する予定だ。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告