1500円で3つの特典どれにする? 「海岸線寄りまちパス」MaaSアプリ実証実験

20211124海岸線寄りまちパス

神戸経済ニュース】神戸市は次世代移動サービス「MaaS(マース)」のアプリ「Horai」を活用して、1500円を払うと神戸市営地下鉄の沿線店舗3カ所などで限定の特典サービスを受けられる「海岸線寄りまちパス」の実証実験を今月始めた。「Horai」は同アプリを運営する2018年7月設立のスタートアップ企業「scheme verge」(東京都文京区)が提供。神戸市とスタートアップ企業が共同で行政課題に取り組む「Urban Innovation Kobe(アーバンイノベーション神戸)」の一環として実施する。(図はイメージ=scheme verge提供)

 スマートフォン向けアプリ「Horai」を通じて、1500円で特典と交換できる電子チケットの3枚セットを購入する。電子チケットは、神戸市交通局が提供する特典サービスは「海岸線1日乗車券」とも交換できる。チケット1枚あたりの価格500円とあって、通常は830円の1日乗車券を割安に購入できる計算だ。沿線にあるノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)で試合観戦の前後などに、使いやすいよう設定した。

 実証実験は今月5日から開催中で、2022年3月31日までを予定する。サービスを提供する店舗は神戸市交通局のほか、駄菓子の「淡路屋」、チーズケーキの「パティスリー歩く鳥」、パン店の「ブーランジェリーサナガワ」など合計12事業者だ。実施期間中に店舗数は増えるか、入れ替わる可能性があるという。公式ホームページに特典を提供する店舗と、特典の内容を掲載した。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告