日本製麻の今期、純利益2500万円に下方修正 マットの受注減で

20211111日本麻

【神戸経済ニュース】麻袋大手の日本製麻(3306)は10日、2022年3月期の連結純利益が前期比74%減の2500万円になりそうだと発表した。従来予想の1億4100万円から一転して減益見通しになった。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて「巣ごもり消費」が一巡し、パスタなど食品事業の減少が想定以上になった。半導体不足を受けた自動車生産の調整で、自動車向けマット販売の減少も一定程度折り込んだとしている。

 売上高は6%減の30億円、営業利益は3倍の3300万円を見込む。従来予想は33億円、1億7100万円だった。日本製麻は11日に2021年4〜9月期決算を発表する予定だ。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告