「078KOBE」6・7日に開催 三宮周辺&オンラインで各種イベント

20211105ゼロナナハチ

【神戸経済ニュース】三宮を中心に開催するクロスメディアイベント「078KOBE」が6・7日に開催される。5回目になる2021年は、これまでのように会場を決めず、各ジャンルのイベントを三宮周辺の市街地に分散。都市生活の面白みを考える、という出発点をより意識したうえで、密集による新型コロナウイルスの感染リスクを抑える。リアルのイベントに加えて、YouTubeのチャンネル「078KOBE」ではさまざまなトークセッションも開催。ハイブリッド型のイベントに仕立て、都市ならではの魅力に迫る。

■三宮周辺の市街地で幅広く開催

 AR(拡張現実)を使って未来を先取りするイベントは北野、三宮センター街、カルメニ(ハーバーランドの商業施設)の3カ所で開催。北野ではARグラスを通して街並みを眺めると、目の前に知りたい情報が登場。ガイドブック不要の「未来の観光体験」を楽しめる。三宮センター街にはバーチャル水族館が登場。無数の魚が目の前に現れ、空を飛ぶ鯨の上にはゆらゆらと水面が輝く。カルメニではスマートフォンデARコードを読み取れば、5つの隠れた動物が登場する「とびだす☆どうぶつARスタンプラリー」。北野の観光体験と、三宮センター街の水族館は事前予約が必要だ。

 三宮センター街では接客業務をバーチャル・キャラクターに任せる「バーチャ・スタッフ」を7日に、ナガサワ文具センター、マルイ、カリカチュア・ジャパンの3店舗で開催。ジュンク堂書店の前には円周率を2万ケタ記述した大きな布を設置する「πの世界」も開く予定だ。

■「MUSIC FES」22歳以下は無料

 「078KOBE MUSIC FES」は7日午後1時から夕方にかけて開催。10月にオープンした、さんきたアモーレ広場での無料で楽しめる演奏に加え、「LIVE ACT BAR VARIT」「ART HOUSE」「music zoo KOBE 太陽と虎」「シアターエートー」のライブハウス・劇場でライブやトークショーを開催。4カ所の出入りが自由で料金は1500円。22歳以下は入場無料とした。078KOBE MUSIC FES の公式LINEアカウントで申し込みを受け付ける。

■YouTubeでの配信も充実

 YouTubeのチャンネル「078KOBE」では「『猫が30歳まで生きる』の核心を読み解く」(6日午後4時〜)に、話題の本「猫が30歳前で生きる日」の著者である宮崎徹・東京大教授と獣医師の増田忠司氏が、タンパク質AIMによって切り開かれた新たな獣医学について語る。「神戸エイリアンスピーシーズクライシス」(7日午後1時〜)には久元喜造・神戸市長も登場し、外来生物とどう付き合うべきか専門家らと語る。

 このほかにも多くのイベントが開催される。今年は「078KOBE」の全体を通じたテーマを「密・蜜・Meet's - もう一度、会ってくれませんか?」とした。実行委では「コロナ禍で人と密に集まることができない、こんな時だからこと、新しい3ミツで安心・安全に楽しい時間を過ごしましょう」と呼びかける。「もう一度神戸に、そして神戸の人に会いにきてください!」

(神戸経済ニュースは「078KOBE」のメディアパートナーです)

▽関連リンク
078KOBEのウェブサイト
▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告