尾山アシックス会長、ワールドマスターズ延期「マイナスない」

【神戸経済ニュース】アシックス(7936)の尾山基会長は1日、神戸商工会議所の定例記者会見に副会頭として出席し、生涯スポーツの世界大会であるワールドマスターズゲームズ2021関西が延期になったことについて「マイナスはない」と述べ、延期を決めた組織委員会の判断に理解を示した。「感染対策を1番に考えたときに、鳥取から和歌山までといった広域だと防御のしようがない面がある」と指摘。「延期は妥当だ」と述べた。

 ワールドマスターズの海外からの参加者は、大会に出場すること以上に日本での滞在・観光を目的とするケースが多いとみられる。国内での観光旅行は「22年だとかなり気をつけなければならない」とみている。そうした中での大会開催は「経済的にプラスになったとしてもリスクの方が大きい」との認識を語った。尾山氏は記者の質問に答えて述べた。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告