《イベント》神戸オリーブ祭り2021(11月21日)

【神戸経済ニュース】
▽概要: 明治12年に「国営神戸オリーブ園」が設置され、日本で最初にオリーブが栽培された神戸市の歴史に関連して、「神戸オリーブ」が身近に感じられるイベントを開く。当日は神戸オリーブの歴史に関する講話のほか、草ひき、オリーブ園内でのクイズラリー、オリーブ関連商品の販売などを実施する。

▽イベント名:「神戸オリーブ祭り2021」
▽主催者:NPO法人神戸オリーブ園
▽日時または期間:2021年11月21日 午後1時〜4時
▽場所:神戸市立農業公園(集合場所)、神戸オリーブ園=農業公園より徒歩約20分
▽参加費:無料
▽募集人数:100人(応募者多数の場合は抽選)
▽事前の申し込み:メール「info(at)kobe-olive.jp」または往復はがき(〒655-0871 神戸市垂水区松風台2丁目5番2-612号 NPO法人神戸オリーブ園事務局 駒井宛)
▽申し込み締め切り:11月12日(往復はがきは当日消印有効)

※メールアドレスの「(at)」は「@」に読み替えてください。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告