アシックス、劇場版公開「攻殻機動隊」とビジネスシューズでコラボ 限定200足

20211026攻殻機動隊1

【神戸経済ニュース】アシックス(7936)の国内販社であるアシックスジャパンは27日から、ビジネスシューズ「RUNWALK(ランウォーク)」シリーズで、劇場版公開を11月12日に控えた人気アニメ「攻殻機動隊 SAC_2045」とコラボレーションしたシューズ4タイプの予約受け付けを始める。「外羽根」「ダブルモンク」「ブーツ」「パンプス」の4種類を合計最大200足、受注生産販売する。登場人物をイメージしたカラーリングや素材で、アニメの世界観を表現した(上の図=アシックス提供)。

 パンプス(下の写真=アシックス提供=左)は主人公の草薙素子(くさなぎ・もとこ)が公安9課の同僚であるバトーとともにドレスアップしたシーンをイメージしたデザイン。マグネット式のバックルでドレッシーさの中に仕事靴としての機能を持たせた。最大21足製造で税込み4万4000円。ダブルモンク(下の写真左から2番目)は、バトーが草薙素子とともにドレスアップしたシーンをイメージ。最大52足製造で5万9400円。

 外羽根タイプ(同左から3番目)は敵対する悪と戦う草薙素子のイメージ。ハニカム構造のデザインと素材のポリウレタンで、暗闇でうっすら光を反射する光学迷彩を連想させる。最大67足製造で6万6000円。ブーツ(同右)はキャラクターの多くが履くワークブーツがモチーフ。アッパー(甲被)には高級感のあるベロアを採用した。最大60足製造で5万9400円。パッケージの靴箱は公安9課の受給品をイメージしたデザインだ。
20211026攻殻機動隊2

 すべてのシューズに「攻殻機動隊 SAC_2045」のキャラクターデザインを手がけたイリヤ・クブシノブ氏の描き下ろしイラストを同封する。アシックスウォーキングオンラインストア三越伊勢丹オンラインストアでは27日から12月1日の午前9時59分まで予約を受け付ける。アシックスランウォーキングギンザ(東京都中央区)では27日から11月30日の閉店まで注文を受け付ける。アシックスウォーキングオンラインストアでは予約多数の場合に抽選販売。それ以外では先着順で予定数量に到達すれば終了する。

 コラボ商品のシューズは、百貨店の銀座三越(東京都中央区)で11月8日まで開催するコラボ商品の展示会「攻殻機動隊 SAC_2045 × MITSUKOSHI」でも展示する。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告