西神中央「プレンティ」開業来初の大規模改装 ファミリー層強化へ・23年秋完成

20211020プレンティ

【神戸経済ニュース】神戸市の外郭団体でビル管理などを手がけるOMこうべ(神戸市中央区)は、地下鉄西神中央駅前の商業施設「プレンティ」(神戸市西区)をリニューアルする計画を発表した。約20億円を投じて、1989年に開業して以来はじめての大規模改装を実施。フードコートや、キッズ&ファミリーフロアを新設し、同施設の利用が多いファミリー層、子育て世代への対応を強化する。2022年に着工し、23年秋頃の完成をめざす。(図は完成したフードコートのイメージ=OMこうべ提供)

 プレンティは開業以来、駅に直結した百貨店と並んで西神中央の中心的な商業施設としての役割をはたしてきた。ただ、かねてファミリー層、子育て世代への対応強化を求める声は多かった。前回16年の小規模リニューアルの際も、テナント入れ替えなどで子育て世代への対応を強化したが十分とはいえず、神戸市が駅周辺の再整備を進めるのに合わせ、プレンティも大規模改装に踏み切る。

 21年度中に商環境設計やテナント配置計画、収支の試算、テナントの事前誘致などを実施。22年度にはテナント配置計画に基づく実際のテナント誘致活動に加え、実際の工事設計と着工を予定する。23年夏にはリニューアルの具体的な内容を公表し、同秋ごろにリニューアルオープンを計画している。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて関心が高まった身体的距離が取れる、ゆったりとした空間作りも意識する。建て増しや減築などはしない。

 プレンティには平日に約2万4000人、休日に約3万1000人が訪れる。年間の来館者数は約920万人(2017年の調査による)。食品スーパーのイオンフードスタイルを除き、現在100店のテナントが入居。延床面積は約4万6800平方メートルだ。21年3月期の売上高は96億円、20年3月機は111億円だった。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告