ノザワ、高卒初任給を2万6400円引き上げ 20万円台に・22年4月から

【神戸経済ニュース】押出成形セメント板「アスロック」などを製造する建材大手で東証2部のノザワ(5237)は、2022年4月から高校卒の初任給を2万6400円引き上げると発表した。兵庫県勤務の場合は20万950円になる。従来は17万4550円だった。初任給の引き上げで優秀な人材の確保と、組織の活性化をねらう。高卒初任給の引き上げに伴い、短大卒・専門学校卒・高専卒の初任給も20万7150円(兵庫県勤務)に引き上げる。

 勤務地によって異なる調整給を支給するため、初任給も勤務地によって異なるが、引き上げ幅は同じ2万6400円とした。勤務地が埼玉県の場合は20万550円、東京都の場合は20万5950円が高卒初任給になる。これまで高卒社員は勤続4年で、年齢が同じ大卒社員の初任給を超えることが難しい給与体型になっていたが、学歴による処遇の差も是正されるという。優秀な人材を正当に評価し、高卒社員の意欲を引き出す効果も期待する。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告