家次神商会頭「コロナ出口戦略・コロナ後成長戦略の具体化を」 衆院選の論戦で

 神戸商工会議所の家次恒会頭は14日の衆院解散を受けて、総選挙の政策論戦で「強く求められるのは実効性ある経済政策パッケージの提示だ」とのコメントを発表した。政策パッケージの内容として、「国際社会に劣後することのないよう、ウィズコロナにおける出口戦略、道半ばにある成長戦略の実行に向けて具体的な道筋や手順がしっかりと示されることを望む」と述べた。

 一方で、「国民や事業者が直面する課題、特に『コロナ戦略』と『成長と分配』の具体論について実質的な政策論議が行われることを期待する」とも強調。あわせて「(選挙による)国政停滞の影響を最小限に留めるべく、感染防止と経済活動の両立を重視した、着実な政策対応を求めたい」として、足元で期待が高まりつつある個人消費の回復にも配慮した政策展開を要望した。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告