神戸空港、開港15周年「プレゼントキャンペーン」第2弾 11月15日まで

20211009神戸空港

【神戸経済ニュース】空港運営会社の関西エアポート神戸(神戸市中央区)は神戸空港で、神戸空港を発着する便の就航地の名産品や、神戸空港に乗り入れている航空会社の公式グッズが当たる「秋のプレゼントキャンペーン」を開催中だ。期間中に神戸空港内の店舗で税込み2000以上の買い物をするか、神戸空港に発着する旅客便に搭乗すれば応募できる。専用ホームページからレシートか搭乗証明の写真とともに応募する。11月15日まで。(写真は神戸空港に駐機中の航空機=資料)

 賞品は「A賞」として青森のリンゴジュースとリンゴジャムの詰め合わせセットや、長崎のからすみ・五島うどん・高菜・あおさの詰め合わせセットなど就航地の名産品は合計110人分、「B賞」としてANAオリジナルマグカップやスカイマークのモデルプレーン(航空機模型)など25人分を用意した。さらにA賞、B賞に抽選で外れた人の中から30人に、3000円分の神戸空港内店舗の利用券を当てる。

 今年2月16日に神戸空港が開港15周年を迎えたのを記念して、3月に実施したプレゼントキャンペーンの第2弾。キャンペーンを通じて就航地の魅力を改めて訴える。全国で新型コロナウイルスの緊急事態宣言や、まん延防止等重点措置が解除され、航空旅客も徐々に戻りつつある。国内旅行が活性化が見込まれる中でキャンペーンを実施して、航空機の利用を促す。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告