JR三ノ宮の新駅ビル、高さ160m・延べ床面積10万㎡に 26年度開業

【神戸経済ニュース】神戸市、JR西日本、都市再生機構は5日、JR三ノ宮駅の新たな駅ビル構想を発表した。新駅ビルの規模は高さ約160メートル、延べ床面積10万平方メートルを想定する。用途は商業施設、オフィス、ホテルの3層になる見通しで、円滑な乗り換え動線に加え、待ち合いやイベント空間なども整備する。

 2023年度に着工し、29年度の開業をめざす。詳細は今後、周辺の施設などとも協議したうえで3者で具体化する方針だ。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告