神戸製鋼ラグビー「スティーラーズ」支援体制を強化 ラグビーセンター設置

 神戸製鋼所(5406)は30日、従来の「ラグビー部支援室」を廃止して「ラグビーセンター」を10月1日付で新設すると発表した。22年度からトップリーグに代わる新たなリーグ「ジャパンラグビー・リーグワン」が発足することに伴い、同社のラグビーチームであるコベルコ神戸スティーラーズの支援体制を強化。新リーグの初代王者をめざして、まずは足元を固める。

 ラグビーセンターには「企画管理グループ」「営業マーケティンググループ」「チーム運営グループ」を設置する。新リーグのチームには事業機能を持つようリーグから求められたこともあり、事業計画を着実に実行できる体制を整備。2019年に日本で開催したワールドカップ(W杯)をきっかけに増えたラグビーファンをつかみ、さらに拡大できる体制をめざす。

▽関連記事


関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告