兵庫県など緊急事態宣言を30日で解除 菅首相が発表「すべてのみなさまに感謝」

20210928菅首相

 菅義偉首相(写真=内閣広報室が配信した動画より)は28日夜に記者会見し、兵庫県を含む19都道府県に発令している新型コロナウイルスの緊急事態宣言と、8県に適用していた「まん延防止等重点措置」のすべてを期限である30日に解除すると発表した。国民に要請している行動制限も、段階的に緩和する。「8月半ばには2万5000人を超えていた(1日あたりの)全国の新規感染者数は減少を続け、昨日は1128人になった」と述べ、感染の拡大が落ち着いたことを説明した。

 足元の医療体制については「病床の使用率はすべての都道府県で50%を下回り、重症者は9月初めをピークに減少傾向にある」「一時は全国で13万人を超えた自宅療養者も3万人になり、なお減り続けている」と説明。「現在の状況は、先般専門家が示した宣言解除の基準を満たしており、解除を判断した」という。そのうえで「これまでにご協力をいただいたすべてのみなさまに、感謝を申し上げます。ありがとうございました」と述べて、頭を下げた。

▽関連記事
・兵庫県「宣言解除後の独自措置」に伴う対策 一覧表(兵庫県の資料より作成)(2021/09/28)

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告