海上花火大会「みなとHANABI」が開催延期 10月25日から予定も密回避で

 神戸市や神戸商工会議所、神戸新聞社(神戸市中央区)、神戸観光局などで構成する、みなと神戸会場花火大会実行委員会は27日、10月25〜29日に予定していた花火大会「みなとHANABI-神戸を彩る5日間-」を延期すると発表した。新型コロナウイルスの緊急事態宣言が30日まで延期されたことに伴う措置。花火大会の開催日が緊急事態宣言などの発令中かどうかにかかわらず、緊急事態宣言の終了から1カ月後は経過措置として、5000人超を集客するイベントを控えるよう国が定めているため。

 新型コロナの緊急事態宣言を巡っては、9月30日を期限に解除される見通しが強まっている。ただ、花火大会を開催すると1万人を超えるような見物客が集まり、屋外とはいえ密集すると判断した。現時点で延期後の日程などについては決まっていない。今後、主催者である実行委と関係期間などの間で調整するとしている。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告