神戸市長、ワクチン3回目「準備スタートできるよう庁内で議論」ツイッターで

 神戸市の久元喜造市長は17日夕方にツイッターを通じて、新型コロナウイルスのワクチンについて「3回目の接種について国からまだ連絡はありませんが、いつでも準備がスタートできるよう庁内で議論を始めています」と述べ、すでに3回目のワクチン接種に向けて動き始めたことを明らかにした。東京発の各種報道によると厚労省は17日、新型コロナのワクチンについて、イスラエルなど海外では先行した3回目接種を認めることを決めたという。

 久元氏は「ワクチン接種は順調に進み、10月中には希望する市民の(2回目の)接種がほぼ終わる見込み」との見通しも示した。厚労省は2回目と3回目の間隔を8カ月以上にする方向とあって、集団接種会場や、大規模接種会場、ワクチンを低温輸送する供給網などは、現在ほど使用されない局面が出てくるとみられる。ただ、接種に向けた体制を解体し、再び構築するとなれば大きな労力が伴う可能性も高く、神戸市は難しい判断を迫られそうだ。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告