久元神戸市長「この1カ月の斎藤知事には敬意を表したい」 就任1カ月

20210909久元神戸市長

 神戸市の久元喜造市長(写真=神戸市が配信した動画より)は9日の定例記者会見で、8月1日の就任から1カ月が経過した兵庫県の斎藤元彦知事について記者の質問に答え、「この1カ月の斎藤知事のお仕事には私も敬意を表したい」と評価した。「フレッシュな感覚で情報発信をされたり、さまざまな現場に足を運んでおられるという対応については、多くの県民が好意的な見方をされているのではないか」との見方を述べた。兵庫県と神戸市との連携については「関係部局も緊密に連絡を取りながら、従来の県市協調という考え方で仕事が進められていると思う」と話した。

 街づくりでの連携について記者が質問すると、三宮再開発は「神戸市が主導しているが、県にも支援をいただいている」と説明。一方で兵庫県が計画を検討しており、神戸市が建築の許認可などを持つ元町駅周辺の再開発や県庁再整備について「斎藤知事と議論したことは、まだない」という。ただ兵庫県で県庁再整備などを検討する「元町山手再整備基本構想・基本計画検討委員会」には神戸市の副市長も委員として名を連ねる。久元市長は「連携を取りながらやっており、これからも同じ形で進めたい」と語った。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告