兵庫県、斎藤知事の定例記者会見を原則水曜に 月曜から変更

 兵庫県は9月から斎藤元彦知事の定例記者会見を、原則として毎週水曜日の午後3時に開催する。8月までは井戸敏三前知事にならって毎週月曜午後に開いていたが、変更する。兵庫県が曜日の変更について、定例記者会見を共同で開催する記者クラブに申し入れ、記者クラブがこれを受け入れたもよう。兵庫県はホームページなどで今月は、8日(水)午後3時、16日(木)午後4時、22日(水)午後3時に知事の定例記者会見を開く予定としている。

 井戸前知事の在任中は、知事や副知事のほか幹部職員が出席して当面の方針を決める「政策会議」を隔週月曜の午前に開催。政策会議で決まった事業計画などを同日中に発表するのが通例だった。だが斎藤知事が新県政推進室や行財政運営本部を設置し、意思決定の経路が変化。加えて行事と重なったり、振替休日になったりしやすい月曜を避け、記者会見が長引いた場合でも最後もまで質問に答える時間を比較的取りやすい水曜を選んだとみられる。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告