JR三ノ宮、駅舎内にシェアオフィス 予約不要の24席など・13日オープン

20210903三ノ宮シェアオフィス

 JR西日本(9021)と傘下のJR西日本不動産開発は3日、JR三ノ宮駅の駅舎内にシェア(共有)オフィス「Work PLACE COCOLO SANNOMIYA(ワークプレイスココロ三ノ宮)」を13日にオープンすると発表した。中央改札口の改札を出て正面の、飲食店などが入居する2階に開設。空いていれば予約なしで使えるオープンワークスペースが24席と、半個室ブース2室、防音の個室1室が使えるようになる。改札口まで約1分と近く、移動の直前まで仕事ができそうだ。(写真は内部イメージ=JR西日本提供)

 JR西日本グループで展開する「Work PLACE COCOLO」としては大阪の天王寺と高槻、さらに8月31日にオープンした姫路に続き4店舗目になるが、駅舎内にスペースを確保したのは三ノ宮だけだ。他都市から神戸を訪れるビジネスマンらも、より時間と場所にとらわれず仕事ができるようになる。利用には事前の会員登録が必要で、初回の利用には利用開始のメールを受け取る必要がある。すでに他店舗で会員登録していれば、すぐに三ノ宮の店舗も利用可能だ。

 営業時間は平日の午前8時〜午後8時(土日祝は休み)。1時間あたり300円で、無線LANと電源が利用できる。これに加えて半個室を利用すれば30分あたり250円、個室を使えば30分あたり350円がかかる。価格はすべて税込みで、クレジットカード決済のみ。利用資格は各店舗共通で高校生を除く18歳以上としている。

神戸経済ニュース<トップ>

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告