兵庫県、アストラゼネカのワクチン接種センター 神戸と姫路に・31日から予約可

 兵庫県は30日、英アストラゼネカ(AZ)製の新型コロナウイルス対策ワクチンについて、神戸市と姫路市の2カ所に接種センターを開設すると発表した。両会場とも9月13日の週から、週1日の接種日を設定する。31日から兵庫県のワクチン対策課で、電話での予約を受け付ける。それぞれ1日に10人程度の接種を見込む。

 アレルギーなどで米ファイザーや米モデルナのワクチンを接種できない18歳以上か、海外でAZのワクチンをすでに1回接種した18歳以上、このほかAZのワクチン接種を希望する40歳以上のいずれかが対象になる。姫路市の接種会場は石橋内科広畑センチュリー病院で、神戸市内の会場は医療機関を調整中としている。

 政府が兵庫県に1000回分のAZのワクチンを供給すると数値を示した。加えて政府が県内に1カ所以上のAZワクチンの接種会場を開設するよう求めたこともあって、新たな接種会場の開設を決めた。30日の定例記者会見で斎藤元彦知事は「国が供給量を示したこともあり、選択肢を広げるという意味でも開設を決めた」と話した。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告