国際フロンティア産業メッセ、2日の開会式は中止 密集回避のため 

 9月2・3日に開催する西日本最大級の産業総合展示会「国際フロンティア産業メッセ2021」の実行委員会は30日、2日午前に予定していた開会式を中止することを決めた。新型コロナウイルスの緊急事態宣言が兵庫県を対象に発令される中、感染のリスクがある密集を回避するため。

 開会式では例年、兵庫県知事、神戸市長、神戸商工会議所会頭、新産業創造研究機構(NIRO)理事長らがテープカットする行事などを開催してきた。今回はネットでの入場予約などで来場者の平準化をめざしたが、開会式には密集のリスクが残ると判断した。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告