山陽電、23日から上りの終電繰り上げ 下り・網干線は変更なし

20210119山陽電鉄

 神戸市と姫路市を結ぶ山陽電気鉄道(9052)は20日、兵庫県を対象とした新型コロナウイルスの緊急事態宣言を受けて、本線上り電車の終電繰り上げと減便を実施すると発表した。23日から山陽姫路を午後11時17分に発車する特急の東二見行きと、最終電車である午前0時30分発の普通・飾磨行きの運転を平日、土休日とも取りやめる。

 これによって上り最終電車は山陽姫路発が午前0時7分の普通・飾磨行きになる。減便は上り電車のみで、兵庫県を対象とした緊急事態宣言の終了当日まで。上り電車と網干線は現在のダイヤで運転を続ける。(写真は山陽電の姫路行き直通特急、月見山駅にて=資料)

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告